2012年02月12日

美術教育を支えるNetの威力

今日はネットの力に感心させられる一日でした。
まずは昨日から開催されていた実戦美術教育学会です。

直前まで実際に会場に足を運ぼうかと考えていたのですが
都合が合わずに行けなかったのですが、貴重な話を聞くことが出来ました。
ust.jpg
ストリーム配信されていたので、自宅にいながら
まるで会場の席に座っているような感覚でした。

本会場だったらできなかったと思いますが
自宅なので煙草を吸いながら視聴することも可能なので
「こりゃヤバいな」
という感じです。(足を運ばないグータラになりそうで)

配信終了後に約束していた会議で、またもやテクノロジーの驚異です。
(おおげさかな?)
skype.jpg
自宅に居ながら三重、滋賀、北海道の三者で会議をしました。
今度はSKYPEというやつです。

これがもうメッチャ快適で
出会って話し合っているような錯覚になります。
電話にような2者ではない所も良くて
文殊の知恵じゃないですが
会話が広がるだけではなく整理されたりもするところがいいです。

APPLEのCMみたいでしょ。


posted by kazyhazy at 21:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

日本美術教育学会(京都大会)の様子(3)

学会から随分と日がたって、もうこの話題もいいかなと思っていたのですが
ちょっと思い出したコトがあるので書いておきますね。

パネルディスカッションに出演してたわけですが
私はパネルディスカッションとは当意即妙で行うモノだと思っていますので
資料やプレゼンをしっかり用意して、自説を披露するのは本来的ではないと思っていました。

しかし、私以外の2人はプレゼンを用意しておられて、
非常にわかりやすく説明をされたので、立場を忘れて見入ってしまいました(笑)

「そんなことなら用意をしておいてもよかったかな」
なんてことも思ったのですが後の祭り。
2011gakkai_06.jpg
しかし、何と言うことでしょう。(ビフォーアフター風に)
話の流れの中で見せた方が良いだろうという画面が佐藤先生のパソコンから表示されているではありませんか。(自分では用意していないくせに)

提示されているのはこのブログのこの記事です。

佐藤先生は、この学会の前に「東北での教員研修」を頼まれていたそうです。
そこで話す内容の中に、このブログの記事をつかうことを了承していたのが功を奏しました。
用意もしていないのにプレゼンが出てきたのはそう言うわけだったのです。

後日、佐藤先生から東北で使ったプレゼンをいただきました。
私の授業が使われているページ以外の内容も読んで感銘を受けました。
機会があれば又紹介したいですね。
posted by kazyhazy at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

日本美術教育学会(京都大会)の様子(2)

2日目の様子も写真で紹介。
午前中に研究発表の続きがあったのですが、
それに関しては前回紹介した会場で行われまして

午後からは基調提案とそれに伴うパネルディスカッションでした。
2011gakkai_04.jpg
パネラー席の左から二人目に私が座っております。

今回の学会で良かったなと思うことのひとつに、
「学会員ではない若い先生が沢山来ていた」ということがあります。
学び研での勢いを借りたかのように、同じようなメンバーが各地の研究会に足を運び
「またここでも会いましたね」
という感じだったのです。

学び研滋賀で、ある先生が私に、
私も日本美術教育学会京都大会に参加します」と言いたかったのだと思いますが
長い名称がめんどくさかったのか
「私も、梶岡さんの学会に行くことにしました。」(爆)なんてコトを言ってました。

オレの学会じゃねぇし(はりせんぼん風に)

パネラーとして出ることは知られているし、案内状の1ページ目にも名前が出てるので
身内では、ついついそう言う表現で通じてしまうのでしょうね(笑)
2011gakkai_05.jpg
左手に注目!(笑)
一体何を説明するのにあんな手の形になるのか、本人にもわかりません。

このパネルディスカッションは、大変刺激的で勉強になったわけですが、
ご覧になった先生方が聞いた話は言わば氷山の一角
事前に何度もメンバーで話し合う機会を得たことが貴重でした。

では半年前の記事からご覧ください。

★まだ一週間なのに、もう次の動きが(2月)
★学会パネラー打ち合わせ(5月)
★「もどき」の影響?(学会打ち合わせ)(7月)
posted by kazyhazy at 22:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月30日

日本美術教育学会(京都大会)の様子(1)

随分更新が遅れて、今頃季節外れにアップします。
夏休みには色々と参加させていただきましたが、これが最後の参加でした。
2011gakkai_02.jpg
全体会場はこんな感じでした。開会行事と研究発表、講演で使われました。
同志社大学の寒梅館というところです。

全国的な研究会の開催の場合、無料どころか補助金がもらえるという
太っ腹な会場です。(ブラボー)

研究発表が多かったのか、今回は2カ所に分かれていました。
2011gakkai_03.jpg
同時に二本ずつ発表されるので、全体の半分しか聞くことが出来ません。
予定表を見て「次はどちらへ行こうか」と悩みながら過ごしました。

発表内容について、ここで解説するなんてオコガマしいので
とてもそんなことは出来ません。
写真でお茶を濁しますので雰囲気だけつかんでね(笑)

(大橋先生にいただいた写真を使わせていただいています)
posted by kazyhazy at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

日本美術教育学会60周年大会

学び研(滋賀大会)の申し込みも
いまだに毎日誰かが申し込んでいる・・・という状況。
ギリギリまで締め切りたくないので、名簿作りや名札作りもチョビチョビやってます。

・・・・なんて事を思ってたら、
日本美術教育学会の京都大会の申し込み者名簿が送られてきました。
コチラの方も受付中なので、ここで宣伝しておきます
aes2011.jpg
赤線で囲まれたところを見てください。
こ〜んな所にまで顔を出しています。

大学の先生方がズラッと並ぶ中に、一人だけ中学校所属が・・・・
まるで、
大学生の中にひとりだけ中学生がいるような気持ちです。とほほ。
な〜んちゃって(死語)

今回は60周年記念ということもあって、開かれた学会を目指しています。
ですから記念講演が無料一般公開!というのが売りです。
posted by kazyhazy at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。