2012年08月04日

美術部展の見学

IMG_0849.jpg
美術部の生徒を引き連れて、美術館に行ってきました。自分たちも出品している美術部展です。1年生を始め、初めて見に来る生徒もいるので、他校の作品が良い刺激になります。
(画像は本校の展示スペースです)
滋賀にはファンレターのようなシステムがあって、他校の気に入った作品の作者に宛てて感想を投稿できるようになっています。気に入った作品がたくさんある子は、誰に宛てて出そうか悩んでいます。
IMG_0847.jpg
かろうじて学校賞をいただきました。技術的に突出した作品は無く・・・なんていうと怒られるかも知れませんが、以前のようにグランプリの候補にはなりませんでした。
それだけに作品からにじみでる努力の跡が認められたのだと思うと、余計に嬉しいです。
ありがとうございました。



posted by kazyhazy at 21:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 部活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月30日

滋賀県中学校「美術部展」開催

IMG_0823.jpg
今日は美術部展の搬入と展示の日。
空調のない校舎で一日中部活をしていたのも終わり、生徒達の作品を展示しました。

本校は30号〜10号の油絵、イラストパネルなど22人分を展示したので結構な重労働でした。
壁面が全然足りないので、天井から足下まで飾らなければいけません。
大規模校であり(1年生は10クラス)活発な美術部なので仕方がありません。(嬉しい悲鳴)
IMG_0784.jpg
今年からは全員の制作風景を写真に撮って、キャプションに入れました。(魚住東中学校のマネです)
キャプションに入れた写真のデータはあるのに、キャプション自体を写真に撮ってくるのを忘れました(汗)
・・・ということでマネをした魚住東中学校のキャプションです。
uozumi05.jpg


posted by kazyhazy at 22:31| Comment(1) | TrackBack(1) | 部活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

美術部の課題シート

<色:#006600>先日アップした「美術部用の課題ワークシート」ですが、興味を持った先生もいらっしゃるようです。

「欲しい!」
なんて言って貰えて感激なんですが、まだそれほど完成度は高くないです。できれば多くの先生方のアイデアをあつめて、チョットした指導のコツの集積みたいになれば理想です。
こんなシートで「やっておくよーに」
と指示しておくと、一ヶ月後には・・・・・・
1年生が提出したものです。
なぜ物が出っ張って見えるのか・・・・
意外と見えていないし、どう表現したら見たように描けるのかを知らないので、仕組みを教えるねらいがあります。

(小学校での図工の時間不足の世代が中学校に入ってきつつあるようで、年々こういう当たり前のようなことが描けないパーテンセージが増えてきたように感じます。)

ただ・・・授業でやるにはチョット狙いが即物的というか技巧的というか・・・

部活でできる、チョットしたコツや練習みたいな物があれば教えてください。こんなのを作って欲しいというがあればワークシートに作り直して、送り返します。(もちろん自校の分にも加えます)
posted by kazyhazy at 20:56| Comment(10) | TrackBack(0) | 部活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

美術部のジレンマ_5

<色:#006600>前回紹介した美術部のワークシートですが
先月に1年生が取り組みました。

毎月、月末に
次はどのシートをやるか、生徒が選んでチャレンジしているのですが
こちらとしては2年生用・・・かな?
と予想して2−Bという記号をつけたシートなんですが
1年生が選んでくれました。
仕上がりはこんな感じです。

ちょっとドキッ{ドキドキ大}としませんか?
まるで作品の上に水をこぼしてしまったような・・・・・

葉の部分がちょっと稚拙なのは1年生ならでは!
水滴の部分がリアルなのはワークシートの通り素直にやったからです。

本校では毎月、月末には鑑賞会をしています。
これは幽霊部員撲滅の秘策(笑)でもあるんですが
その月にどれだけの仕事をしたか公表しなければならない会合なのです。
ですから中間報告でもOKで、たいていの生徒は、
1,制作途中の油絵
2、趣味で描いた漫画のイラスト
3,必修である、このハガキサイズの課題を提示します。

各自がバラバラに取り組んでいるものだけではなく、
共通で取り組んでいるものがあると、鑑賞会でも色々意見交流ができる・・・・・
はずだったんですが、なかなか簡単にはいきません。

お互いの作品に対して的確に意見を言い合うなんて<色:#ff6600>まだまだ
こういうのって、もっと訓練が必要なんですよね。
posted by kazyhazy at 18:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 部活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

美術部のジレンマ_4

<色:#006600>野球部が野球をやるように、美術部も・・・・

「ウチの美術部は全員かならず油絵を追求するねん」
「ウチの美術部は全員かならず塑像をつくるねん」

・・・・というスタイルができあがってくれば、それを目指して入部してくるし、何年か経つと上級生が下級生に教えられるようになるかもしれない・・・

各自が色々なことに、自由に取り組む方が良いと思っていたけど、
小学校から上がってきたばかりで、まだよく分かっていない状態なら、かえって道を付けてやる方が良いかも・・・なんて考え、油絵を推奨することにしました。
油絵をやる、やらないの判断は、とにかく一度は経験してからということにしました。

それでも初心者ばっかりの集まりで「教え合い」なんて発生しません。
そこでこんな課題ファイルをいくつか作成しました。

一ヶ月にひとつ、油絵などの大きな作品の合間にハガキサイズの課題を全員こなせ!・・・という具合です。
同様のファイルが数枚あって、今月はコレと指定します。
透明感の表し方・・・の付け方・・・・質感の表し方・・・などの小ネタ集です。

テクニック面に偏っているし、やり方の手順が最初から書いてあるので授業向きではありませんが、このシートを見ながら生徒同士が話し合う場面も増えてきました。
全員が同じ課題に頭を悩ませているからですね。

油絵の道具を出せないほど活動時間が短い日でも、ぼけっと過ごすことなくやってます。これはハガキサイズであることの効用です。

教師が部活動に行けない日でも、手順が書いてあるので、皆でこのシートに頭を寄せ合ってチャレンジしているようです。
posted by kazyhazy at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 部活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。