2009年01月10日

しが子ども文化芸術祭

<色:#006600>以前、ここの記事で紹介した「しが子ども文化芸術祭」ですが、今日いってきました。

美術館との連携から生まれた生徒作品が展示されています。

こちらは小学校の児童作品。

体験コーナーが数多く用意されていて、陶器の皿に模様を付ける子どもや大きな紙に落書きをする子ども、折り紙を教えてもらう子どもたちで賑わっていました。

実は子連れで行ったので
我が家の子どもたちもお世話になりました。
こちらのブログで紹介していただいたおかげです。

いやいや最近は、「紹介していただいたおこげです」っていうのかな?(笑)


posted by kazyhazy at 21:10| Comment(1) | TrackBack(1) | 美術館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

美術館との連携project5

<色:#006600>お笑いの方をちょっと中断して・・・・
中断と言うことはまだ続くのか?>>はい)

美術館との連携プロジェクトの紹介をば。

「中美連しが」の冬の研究大会(要項にリンク)では、滋賀県立近代美術館の学芸員(平田氏)をお迎えして、
「美術館との連携でできる鑑賞の授業ワークショップ」
を実施する予定です。

私がこのワークショップを担当し、ファシリテーションを仕掛けようと目論んでいるのでありんす。(おいらん?)
(まだ煮詰まっていない部分もあり、ちょっと悩みも残ってますが・・・・)

今年度の美術館とのプロジェクトでは、
近代美術館は、学校の鑑賞の授業のために
■プロジェクトで選んだ収蔵作品の複写大判
■生徒一人一人がじっくり見るための複写A4サイズ
■作品の解説と授業例

などを貸し出しすることになりました。

これを研究会で紹介し、
さらにワークショップの中で実際にこれらを使って
グループごとに<色:#ff6600>魅力的な鑑賞授業案を作ってしまおう・・・というのです。
さてさて、どうなる事やら。乞うご期待・・・でありんす。

さらに、我々のプロジェクトよりももっと連携が進んでいるであろう記事の紹介を。
<リンク:http://gakkobijut.exblog.jp/10018291/>

↑画像をクリック!

同じ「ブログ村」のエントリーであり、同じ「学び研ML」の情報であり、同じ滋賀県でもあるので、
(しかも会場は我が家の近所)
トラックバックして、こちらでも宣伝させていただきます。
posted by kazyhazy at 22:51| Comment(1) | TrackBack(1) | 美術館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

美術館との連携project4

<色:#006600>昨日の出張に続いて今日も出張。
今日は美術館です。

学校と美術館との連携プロジェクトの会議だったのです。

そろそろこのプロジェクトも大詰め。
学校へのレンタル用として、収蔵品のコピーができています。

貸し出せるのは、A1サイズの大判でマグネットが付いているので黒板に大きく貼り出せるというモノと、A4サイズのラミネート。
こちらは生徒一人一人に渡して鑑賞してもらうための教材。
これらをセットにして学校に借りていただこうという企画。

鑑賞の授業って確かに準備がネックになりますよね。
表現の場合は何時間もかけて制作する場合が多いのに比べて
鑑賞はたった1時間のために膨大な資料の準備が必要です。

そこを何とかしようという企画なのです。

さらにこの成果は中美連滋賀の冬の研究大会にて紹介し広めていく手はずです。
画像に手だけが写っている平田学芸員もお招きして研修会を開きます。

こういう資料って「作りっぱなし」になる危険が大きいので
これからは、「使ってもらえるような研修会」の開催に力を入れていただけるそうです。
posted by kazyhazy at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

葛飾北斎展


<色:#006600><色:#ff6600>葛飾北斎展・・・行ってきました。
(詳しくは滋賀県立近代美術館のページで。)

まあ、美術館に絵を見に行くなんてガラじゃないけど
天下の葛飾北斎で・・・・
(美術館には色々協力してるので)タダ券もある・・・・
とくれば、行かないわけにはいかないでしょう。

北斎だろうが写楽だろうが、
あまり区別しないで、深く考えていなかったんですが
(そういう趣味がなかったもので)
授業で扱ったりしているウチに好きになってきました。
生徒のレベルか・・・・<自分)


相変わらず、シロウトの視点で客観視できる自分だと思っています。
美術愛好家の先生が趣味で語るような授業とかは苦手です。
そう言う授業の多くが
「education through art」ではなく
「teach fine art」になってしまってる場合が多いからです。

けど北斎はかなり気に入りました。(今頃?)
さすがに普段は閑散としている美術館がにぎわっていました。

作品数もナカナカのもので、有名な作品も多数。
見応えアリです。
posted by kazyhazy at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

「美術部」展報告

<色:#006600>またまた更新が滞ってしまいました。
そのせいもありまして
ちょっと時期外れの報告をば・・・・・


「中美連しが」HPの最近の更新で、やっと夏休みの美術部展の報告を載せることができました。

よろしければご覧ください!
posted by kazyhazy at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。