2016年07月31日

校内研日和(4)

校内研の内容も4回目にきて
そういや研究主題もまだ書いていないことに気づきました。
6月レジュメ.JPG
「学び合い」を生み出す課題設定の工夫ですから
「学び合い」はあえて「手段」の方で、授業改善の方が主眼になっています。

「学び合いを頑張ろう」的な研究主題の学校も散見できますが
生徒同士が学び合っているような場面をなんとか作ろう!と研究するのも何か違うような気がして、もう少し的を絞ることにしました。
この研究主題にして「ストンと腑に落ちた」と言ってくださる先生も居て、逆にその先生のことを尊敬しました。
色々と考えたり実践していないと言えないセリフですから。

普段、ついつい言ってしまう言葉に「生きている授業」「死んでいる授業」なんてーのがあります。
「今日のあの授業、死んでる授業やったぞ」なんていうセリフは酷く失礼なので、若手にしか言いません(笑)
(言うのかよ)
教師が黒板に書きながら「これを大化の改新と呼びます」と言うと、生徒はプリントの空欄に「大化の改新」と書き込む・・・・こういうのを死んだ授業と言っています。
予備校の有名講師のように流暢に教え、大変分かりすくて、生徒も「教え方ウマイなあ」と感心する授業、これは・・・・死んでいる授業です。

美術の先生に分かり易く書くと、対話による意味生成的な美術鑑賞(対話による鑑賞)などは、私の分類では生きている授業になります。
その時その教室に居た者だけが共有できる授業で、生徒が変われば意味が変わってくるナマモノのような授業で、生徒が「話を聞く者」ではなく「授業を作る者」になるような授業のことです。
DSCN0554.jpg
鑑賞の授業でも、教師の考えや歴史的評価を生徒が「当てる」授業をやれば、それは死んでると言わざるを得ないし、表現の授業でも、先生の考えた作品を生徒にやらせるような「死んでいる授業」もあります。

しかし一般に(私見かもしれませんが)5教科の方に「死んでいる授業」が多いような気がします。
美術の研究ではなく校内研ですから全教科あります。
普段だったら美術の授業研で言っているようなことを全教科に広めたい
これが、研究主題の「学び合い」があえて「手段」の方で、授業改善の方が主眼になっている理由です。
(ああ、やっと話題が戻ってきた)

5月ごろ、校内研をどうするか学校長と対策会議をしていた時
「今後、校内研をどう進めていくつもりか、1年後にどう着地するつもりか」
・・・というようなことを学校長に聞かれました。
「それを私がスラスラと今ここで語ったら、校内研が死んでいる授業と同じになります」
と返事をして
「なるほど」と納得した校長も凄い。


posted by kazyhazy at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 校内研 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

校内研日和(3)

知っている人も多いと思いますがW型問題解決モデルというのがあります。
こういう研究の分野では常識的なことだと思うので、
当然、踏襲しておかなければならないのか
いやいや、もう提唱されたのが随分と昔なので今頃こんなんやってたらアカンのか
どうなのかはわかりません。
(あれだけヤイヤイ言われていたPDCAの寿命も短かったし・・・・)

まあ、私もソレ系の人間なので当然頭に入っています。
Wの文字にフクラミが二つあるように
問題解決プロセスには拡散と収縮が2回登場して、それでやっと一周したことになるという考え方です。(たぶん)

学校の校内研に当てはめて考えると・・・
1年目<拡散>
・最近の生徒は○○なのと違うかな? 本当にそうかな?
・アンケートなどで調べてみよう。
・○○だというような印象があったけど△△の可能性もある。

1年目<収縮>
・その後のテストなどの結果から問題点が△△だと判明する。
・これを解決するにはどうすればよいか議論しよう
・たぶん、こうすれば良いのではないかな?(仮説)
・よし、次年度から全校で、この取り組みをやっていこう!(1年目終了)


2年目<拡散>
・例の取り組みを始めた。
・やってみた結果、生徒の反応や変化が起こる。
・そのデータを蓄積していこう。
・色々な可能性が見えてきたぞ。

2年目<収縮>
・色々な結果を検証しよう
・それぞれがどういう意味なのか議論しよう。
・1年目の仮説の、ここは良かったけど、あそこは改良しなければ
・改良を経た取り組み案が完成する(研究の成果)

・・・・とまあ、こんな感じでしょうか?

こういうのを知らないと、いきなり何かの取り組みを始めて
1年目の3月で「やって良かった」と結論付けるような
「結論ありき」「予定調和」の校内研が横行してしまいます。

よくわからないまま研究主任になって
あえて見通しを持たない状態でもアセる訳でもないのは
こういう研究の基本に帰って、まず現状を認識して
何が問題なのかをまず把握すればよいのだと分かっていたからでもあるのです。
アンケート結果.jpg
学び合いを始めてから4年目を迎える本校の先生方に
まずは意識調査です。
・どの教科の先生が「自分の教科は学び合いがやりにくい教科だ」と思っているのか
・どんな時に「学び合いがやりにくい」と思うのか

を、集約しました。
そしてすぐに公開して全ての先生方と問題点の共有を図りました。

言われてみれば基本でしょ?

こういうことをやって、初めて問題点がわかったり
研究がどこまで進んでいるのか現状認識ができます。
4月段階の最初に、終点まで線路を引いてしまうようなことはできないはずです。 
これでやっと、「これからどうしようか」と悩み始めることができるのですから。
posted by kazyhazy at 23:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 校内研 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

校内研日和(2)

前回の記事に江原先生から鋭いコメントをもらいました。
同感です。
というか、これから書こうとしていることを少し先取りされた感もあります。
江原先生とは安田早苗さんの主催する会で会って以来ちょっと久しぶりですね。
校内の先生はYさんとかKくんとかイニシャルなのに、なんで実名を出してるんだろうと自問しましたが、全国的に知られている方々なので、まあいいでしょう(笑)
お二人とも、良いですよね(事後承諾)

えっと・・・4月になって、前年度までスタッフになったこともない校内研の研究主任になってさあどうしよう・・・というところでしたね。
前年度の研究主任のA先生は良い人で、今年は他の役職があたって研究主任ではなくなったのに、学年分掌で研究部員に立候補してくださったので、スタッフの一人になってくれました。
A先生が前年度からの流れをうまくバトンタッチしてくれたので、学校として取り組むのは「学び合い(学びの共同体)」を継承すること、外部講師はすでに誰を頼んであるかなどががわかりました。

やるべきことが分かったので、あとはどう料理するかです。
CIMG7926.jpg
で、料理の仕方で多くの場合、「校内研の悪いところ」と言われているのは予定調和です。
「こうすれば子どもはこのように育ってくれるのではないか」というのを研究テーマに挙げて
3学期に「こういう取り組みができたので子どものこういう良い面が見れて良かった」と結論付けるパターンです。
「やってみたけど、この方法ではうまくいかないことが分かりました」という結論が絶対に出ない研究なのです。

うまくいかないことが分かるのも、大事な研修だと思うのですが
そういうのが許されない空気があるので、最初から成功することが結論付けられているのです。

どういうことなのか分からないから研究し、
どうすればいいか分からないから色々試して
失敗があったり成功があったりして道を探しながら
どこにあるかわからない結論を目指すのが研究だと思うのです。


なので、4月の段階で先を見通すことはやめて
今、まず何が必要かだけを考えることにしました。

一応、かつて教育センターに居て
教員研修の研究を担当していて、
Q&Aではワークショップの企画ファシリテーターとして全国を回り
その他、他府県の研究会に呼んでもらって、いくつかの研修会を企画してきた身です。

根はぐ〜たらですが、スキルだけは全身武装状態ですので
五里霧中を暗中模索できるんじゃないかな?と楽観的に考えるのが良いと思うことにしました

自分に立てた校内研の作戦名は「行き当たりばったり」です。(笑)
posted by kazyhazy at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 校内研 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

校内研日和(1)

7月から再開したこのブログも
記事の内容が段々と現実の時間に近づいてきました。

しか〜し

まだ手付かずだったシリーズがあって
それを立ち上げるためにまたまた時間を4月に戻します

4月から私は、初任研の指導員と同時に、校内研の研究主任になりました。
例年の担当者が授業ゼロ時間でやってる初任者研修指導員を授業アリでやってるというのに
研究主任と言う大きな仕事をいただいたのは
すでに退職した某校長のしわざおかげです。(笑)

現任校の前に勤務していた教育センター(教員の研修センター)時代の上司だった人です。
kounaiken1.jpg
だから、現任校に校長として赴任されて以降、なにかと教員研修や授業改善について話す仲だった・・・と私は思っています。
だから、いつかあいつを研究主任に嵌めてやろう・・・と思っていて、退職間際の最後にやっと念願をかなえられたので、某校長も思い残すことはないでしょう、というのはまったくの嘘です(笑)

本校の研究はこれまで「学び合い」(学びの共同体)を数年やってきていて、それを今年引き継ぐことになったわけですが、それまでは研修主任はおろか、研究部の部員にすらなったことがありませんでした。

本校勤務10年目のですが、そのうち5年間が3年生所属という、修学旅行に関しては5割バッターの私です。進路主任率が高いので、これまで校内研にあまり関われず、校内の研修会でもただの参加者でした。

あんまりわかっていない状態からのスタートなので、ゼロからここに書けるというのも良いものです
私が「ちょっとずつ分かってくる」のと一緒に、これを読んでいる皆さんにも追体験していただけたらと思います。



posted by kazyhazy at 00:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 校内研 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

研究主任研修会2

<色:#006600>先日、研究主任研修会に行ってきました。
これは、(以前にも書きましたが)
教務主任会や教科主任会など、他の主任が集まる会と同様に
市内の小中学校の研究主任が一堂に会して情報交換をする場です。

全ての県や市で実施されているわけではなく、まだ結構珍しい方かも
講師で来られた指導主事も
<色:#990000>「なにより本市には、他にはない、このような会があること自体が素晴らしい」と講話の中で語っておられた場面では
思わずニヤニヤしてしまった。
はっはっはっはっは
他に先駆けてこの会を立ち上げたのは、
何を隠そう教委時代の私なのだよ明智君!!
・・・・と言うような気分だったのです。
posted by kazyhazy at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 校内研 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。