2008年03月06日

「ZOKU」読了

<色:#006600>ベストセラー作家、森 博嗣氏の「ZOKU」を読了しました。

氏の本は殆んどすべて読んでいるという感じで、要するに好きなのですが、さすがは某理系大学の先生。
読んでいて「はっ」とさせられる文章によく出会います。

中身は結構読みやすい物語(小説)なのですが、論文に引用したくなるようなフレーズも多々あって、自分の研究にも重なる部分があってエッセイも含めてよく読んでいます。

この本は、おちゃらけたストーリーなのですが、中の物語の一部に、「日文の図工の教科書」の各章題にあわせて犯行が繰り返されるというシーンなんかも出てきます。(笑)

それもそのはずで、作者は大の工作好き。小説だけではなく工作の本も出版しておられるほど。

滝澤 俊さんの「美術教育を推進するために」にも(赤い矢印のところ)に森氏のブログがリンクされているのを見つけてしまいました。

(さすがに抜かりが無いですね!)

今度、押井 守監督で映画化される「スカイクロラ」も氏の原作です。


posted by kazyhazy at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

パッケージデザイン(中身画像)

<色:#006600>昨日はパッケージデザインの本の紹介でしたが、中身についてアレコレ書いた割に、中のページの写真がなくてわかりにくかったかもしれません。

そこで、一部(勝手に)公開です。

こんな感じで片方のページには製品の写真、反対側のページには展開図が入っていました。

この本の出版社の方々、勝手に中身まで開けてすいません!!

けど、この紹介で本が売れるかもしれないのでお許しください(笑)

アフィリエイトはしてません(リベートは貰ってません)ので念のため。
posted by kazyhazy at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

パッケージデザインの本

<色:#006600>こんな本を購入しました。
<色:#ff6600>ペーパーパッケージデザイン大全集
なんと!!
8190円也(税込)

まあ、CD-ROM付なのでしゃーないか。

洋菓子やジャム、お酒やアクセサリなど
おしゃれな物が梱包されたおしゃれな箱が勢ぞろい。

一枚の紙に、折り目切り込みを入れることで、複雑な形を実現している仕掛けの大公開集です。

まずは写真で各商品が紹介紹介されていて、
次のページには展開図が!!!

厚紙にコピーすれば、同じ物が作れるじゃないか!
(授業でそのまま使おうかなぁ)
しかも設計図がCD-ROMにAdobePDF形式で入っているのだから
なかなかの優れもの。

イラストレータで読み込んだら、柄とかも付けられるやん!

それにしてもまあ、うまいこと作れるもんですなあ。
無駄なく組み合わせることで、こんな形もできるんやなあ…というものばかり。
この辺のアイデア料書籍代に加算されているのかな?

中には不二家のペコちゃんみたいなキャラも写ってるので
その辺の料金も加算されているのかな?
(ちょっと本の代金の話が多すぎ?)
posted by kazyhazy at 19:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

戦斗的美術家諸君!

<色:#006600>今日、紹介するのはこれです。

戦斗的美術家諸君は即時入所せよ!

ということで、造形美術研究所の開所です。

5月27日だそうです。

少し傾いているように見えますが、これが水平のスキャンですので、題字はデザインとして傾けてあるようです。

1929年作者不詳だそうですが、どんな活動をしていたのか興味は尽きません。

戦斗的美術家諸君とありますが、戦争を推進する絵画を描くような団体ではなかったのかもしれません。

どちらかと言えば逆で、帝展をはじめとする保守的な美術の流れに対して戦いを挑むような、民主的な団体だったような記述が前後の作品からもうかがえるからです。

posted by kazyhazy at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

即時加入セヨ!

<色:#006600>こんな本読んでいたら、こんな記事がありました。

読んでいた本は、「紙上のモダニズム」という1920年代から30年代にかけての日本のグラフィックデザインを紹介する本です。

いやあ
時代を感じさせるポスターなどが色々と載っていて面白いです。

当然と言えば当然なのですが、商用目的のポスターやビラが多いようです。

ところがその中にこんなのがいくつかあったのです。



読みにくいのですが美術家協会というところが主催する造形絵画研究所のポスターのようです。

文字の配置がなぜこのようになっているかは今となってはわかりません。(笑)

とにかく
「即時加入せよ!」です。

「真摯ナル青年美術家諸君ヨ来レ」

「希望者は直ちに規約を申し込め」

なかなか命令口調も時代を感じさせますよね。

誤解されやすい美術用語」のシリーズもまだまだ書きたいことがあるのですが、この本にもまだまだこういうのが載っていますので、しばらくはこっちを紹介するかも。
posted by kazyhazy at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。