2013年08月12日

「滋賀県中学校美術部展」本日最終日

IMG_1619.jpg
滋賀県の中学校の「美術部」の展覧会が本日最終日を迎えました。
会場当番だったので、ああ今年も一つの山場を越えたなあ・・・というような感慨がありました。

今年も「学校奨励賞」をいただきました。もう4年ぐらい続けていただいているのでしょうか。運動部で言うと「団体戦」みたいなものですか。個人の作品への賞ではなく団体にいただく方がうれしいですね。
IMG_1628.jpg

今までもいただいておきながら、こんなことを言うのも何ですが、今年こそ「学校奨励賞」に相応しい活動が出来たような気がするので、賞をいただいてホッとしています。

どういう点でふさわしい活動ができたかというと・・・・

■顧問である私が指導員として他校を回る日々・・・という今年度の体制で、これまでのように顧問が見に来ない中、三年生を中心とした自立的な活動が出来るように育ってくれた事がまずひとつめ。
時間が来たら部長の合図で集合が掛かって指示が出て、二年生も積極的に一年生を教えるというスタンスが確立され、大変助かりました。

■作品に生徒達の試行錯誤の跡が見いだせる事がふたつめ。
見栄え良くサラッと仕上げた作品ではなく、描いたり消したり、悩んだり描き直したりした痕跡が作品の中に残っていて、じっと見ているとプロセスが想起されます。けどこれは自校の顧問だからかな?普通は他校の先生にはわからないかもしれませんね。(本日来場いただいた繿コ先生はわかったみたいですけど)

■生徒のバラエティな表現を許容できたことがみっつめ。
顧問のカラーが強くて、うまいんだけど何か似たような作品が並ぶ・・・なんてことにはならず、作品のサイズから表現方法からモチーフまで、多様な表現を維持しながらそれぞれの方向で追求を進められたのは良かったかな。足並みは揃っていないように見えるかも知れないけど、揃えるよりも何倍も難しいからね。

生徒の作品を見ながら、こんな感慨にふけっていたという訳です。


posted by kazyhazy at 00:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月06日

怒濤の1月が始まった(2)

昨日は東京に居たわけですが、今日は大阪府堺市におりました。
神出鬼没・・・ってほどでもないか。
IMG_1251.jpg
全国中学校美術部展アートクラブグランプリinSAKAIが本日から開催されました。
そこへ生徒を引率して連れて行ったというわけです。
30名弱の部員をはるばる連れて行きましたとも。

いつもなら一週間後の表彰式に行くのですが、来週は「Q&A岡山」があるので行けません。
・・・という訳で始業式の前日に行くハメになりました。

会場では堺の泉谷先生、田中先生、潮田先生らとお出会いしてご挨拶しました。
奈良の垣内先生もおられたり、福井の滝田先生にも出会いました。
みなさんが
「あれ?東京にいるのと違うの?」
と同じことをおっしゃるのが面白かったです。

フェイスブックにアップしてあったので
久々に出会った先生方であっても、昨日私が東京に居たことを皆さんご存知なんです。

 
posted by kazyhazy at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月28日

すべりこみセーフ?

月曜日の未明、激痛で寝られなくて救急病院に!
尿管結石ではないか・・・ということで、激痛のまま朝を迎え、
通常の診察がはじまる時間にもう一度専門の検査を経て、診断は確定された!!!

フェイスブックでそのことをつぶやくと・・・
「私もなった」「ほんの少し前に僕もなった」「あれは痛かった」と大賑わい。
意外と大勢の人が経験しているんですね。

激痛に悲鳴を上げたり、強力な痛み止め注射でヘロヘロになったりと散々でした。
当然、仕事になるはずもなく水曜まで休んだ。

今日は痛みをこらえながら学校へ行ったのですが、無理して行ったのは文化祭前日だから。
優秀な部員達は、顧問不在の間も指示以上の準備をしていてくれて助かった。
IMG_1166.jpg
なんとか美術部の作品展の準備が出来た。ふ〜危ない危ない。

ああっ、作業中にも激痛が!

おっと、美術部と言えば・・・あああ、大切なことを忘れていた。
アートクラブグランプリinSAKAIの〆切間近ではないか!!!

3日も休んでいる間にギリギリになってしまった。
痛みを我慢しながら公印をいただいて、なんとか発送完了。
病み上がりなのに夜の9時だよ。


posted by kazyhazy at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

特撮博物館(巨神兵あらわる)

東京に用事があったついでに行ってきました。
IMG_1016.jpg
東京都現代美術館で開催されている特撮博物館です。
かつて少年時代に熱中したものが「てんこ盛り」です。
沢山のヒーローやメカがありましたが、九分九厘知っていました(笑)
IMG_1018.jpg
小道具からセットまで、なかなか展示も凝っています。
これは企画の勝利ですな。
チケットを買うまでが、かなりの行列で、展示室に入ってからもナカナカ前に進みません。
じっくり見るのは難し状況だったのが残念。
IMG_1020.jpg
こういう、人が集まるような企画って、たいてい関東だけで開催されるのが悔しいですね。

個人的には、ほとんど記憶が薄れていたマイティジャックに再会できたのが感涙。

次はスティングレイやサンダーバードの企画展をやってほしいものですな(笑)

posted by kazyhazy at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月26日

新しい展覧会のカタチ(CDAT展)

堺市の美術部展に行き、その足で天王寺に向かいました。
Q&A大阪の会場であった天王寺キャンパスの近くにCGAT展をやっている画廊があるのです。近づくにつれて見覚えのある風景が広がってきます。

Q&A大阪でお手伝いいただいた大阪の先生数名に「今日、加藤君と二人で行くよ」とメールしてあったので、その中の一人であるS先生から携帯に連絡があり、画廊で合流しました。
cgat-3.jpg
Q&A大阪の会場提供でお世話になった佐藤賢司先生が中心となって開催された、このCGAT展は美術教師の展覧会です。
しかし、展示されているのは先生方の作品ではありません。子どもの作品が少しだけありましたが、これは美術教師の展覧会です。CGAT展の「AT」はアートティーチャーです。
cgat-1.jpg
見ての通り、展示されているのは「授業の魅力」です。あるいは「授業の工夫」です。
かといって指導案のような文章ではなく、子どもたちの活動の様子や写真がビジュアルに整理され、授業のコンセプトが模式化されています。
指導計画を見るのではなく、最終結果としての作品だけを見るのでもない。
こんな切り口の展覧会は初めてです。
cgat-2.jpg
キャプションのアップがこれです。
ビジュアルなパネル展示を見て、興味を惹きつけられた人がさらに情報を得ようとするときのために、丁寧で詳しいキャプションが用意されている・・・見事ですね。
完成作品の出来映えを展覧会で見て「あんな作品を次の授業で作らせたい」・・・と、表面コピーをしてしまう弊害については、散々このブログで言ってきましたが、それとは対極です。
授業の表面ではなく、本質を伝えたいっていう思いが感じられます。

posted by kazyhazy at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。