2008年03月25日

狙われる世代(3)

<色:#006600>久しぶりのこのコーナー。
今日見たCMに(洗顔料だと思う)に「愛のコリーダ」が流れていました。

<色:#ff6600>映画の題名?…ちがう!ちがう!そっちじゃない。
(そっちは大島渚監督)

クインシージョーンズの方!
こりゃまた懐かしい。中高生だったぞ。確か。
ターゲットは自分よりも上の世代か?

けど売っている商品や登場人物は若いので、
もしかしてこのCMは、ちゃんとターゲットが絞れているのか?(疑問)

えっ?クインシージョーンズを知らない?
そんな人のために開設しよう…じゃなくて解説しよう。
(まったくMS−IMEは<色:#ff6600>バカだから、いちいち困る)続きを読む


posted by kazyhazy at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | プロダクトデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

狙われる世代(2)

<色:#006600>■テレビCMを見ていると、どの世代をターゲットにして商品開発をして、CMを作っているかがわかるという話。

前回は洋楽全盛期のヒット曲が使われているという話。

■ちょっと話は変わるけど

たとえばCMで、懐かしいカーペンターズの曲が流れたとします。
「往年の名曲やなあ」てな感じで
耳を傾けてしまいますが、実はアレ本物ではないらしいです

前回紹介した楽曲はもちろん、CMで使われている洋楽の殆んどは、日本で作られた「そっくりの演奏」に「そっくりの歌声」を乗せてCM用に作り直すんだそうです。(オリジナルを使うと高いからでしょうね)

セコいなあ…と思う前に、本当によくできているなあと感心してしまいます。

■話は戻って…
私の世代が購買層として狙われているなあ…と感じた第2弾はパチンコです。
自分自身パチンコは全くやらないのですが、周囲の反応やCMを見ていると、今どんなのが流行っているかわかります。

「パチンコ北斗の拳」がヒットしたあたりから
おっとこの世代が狙われているな…と感じました。
あとはウルトラセブン・怪物クン・マッハGOGOGOなど次々と懐かしいヒーローが続々登場し、
宇宙戦艦ヤマトや必殺仕事人など…思わず心が動きました。(笑)

しかし、よく知らない「エヴァンゲリオン」のパチンコCMが出た時には

「ありゃりゃ、私たちの世代は、もう終わったの?」

と、少し寂しくなりました。(笑)
posted by kazyhazy at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | プロダクトデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

狙われる世代(1)

<色:#006600>「もしも美術がなかったら」はもう少し授業が進むまでお休み。
今日は、テレビを見ていて気付いたこと。

テレビCMを見ていると、プロダクトデザインCFプランナーの狙いが見えてくる場合があります。

狙いって言うほど大層なものじゃないんですが…

少し前のキリンビールの宣伝に、リニューアルした「ルビーの指輪」が使われていました。
寺尾 聡はモチロンのこと、ピアノの井上 鑑や、ギターの今剛まで再現されていて
「おっ懐かしいな」
と思っていたら第2弾は再結成したYMOの「ライディーン」。

来たなー。これは間違いなくターゲットは我々の世代!!

そんな風な視点で見ていくと、チューハイのAWARDS(アワーズ)のバックに流れているのはバグルスの「ラジオスターの悲劇」ではないか。
これは単に、曲の「アーワ、アーワ」というコーラスの洒落で選ばれたのかも知れないけど、ちょっとマイナーな、こんな曲まで選んでくるとは!!

他にも、softbankの携帯電話はオリビアニュートンジョン&ELOによる「ザナドゥ」で、最近曲が変わったと思ったらスウィングアウトシスターの「ブレイクアウト」。

(全部家にCDがあるぞー)

購買層として重要視されていると思うとチョット緊張するぞ。(どこが?)

つづく
posted by kazyhazy at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | プロダクトデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

見た?MacBookAir

<色:#006600>もう皆さんはチェックしましたか?
なにって「MacBookAir」ですよ。
ここをぜひ見てくださいよ。(AppleのHP)

まったくAppleすげー。

おっ同じEdublogの中にも、この話題でエントリーしている方がいらっしゃいますね。
あーもう。どうしたらいいの?私は。

ずっとMacを使ってきて、最近やっと我慢してWindows機に切り替えたばかりだというのに!!!!!!

しかし、iPod-touchの時もここで話題にしましたが、本当に美術教育を考えさせられる企業やなあ、Appleは。

このデザインのすばらしさ。今までの製品もそうだったけど、写真では魅力の半分も伝わっていないと思う。古いのでもいいし、いっかい実物を見てみ!(興奮の余り、急にタメ語)

そらもう、「えっ!こんなに綺麗なの?」って感じると思うよ。
デザインをかじっていた者なら余計にそう感じると思うよ。

けど、そういう見かけだけではなく、やっぱり発想の独創性もすごい。中身の方もやってくれるよ。紹介ビデオ(英語だけど)もアップされてるので確認してみて!!
posted by kazyhazy at 20:54| Comment(1) | TrackBack(0) | プロダクトデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

iPod touch発売と教育

<色:#006600>先ほどの投稿の続きではないんですが、ネットのニュースで「iPod touch」の発売を知りました。その様子(ニュース)はここで確認ができると思います。iPhoneを知ったときも驚きましたが、まったくApple社には脱帽です。
 その独創性や発想、デザインや創造力など、美術教育との関連をどうしても考えてしまいます。絵を上手に描かせる技術を教えるのが我々の仕事か?否!
 こういう方面で活躍できる人材というのも、めざす生徒像のひとつに加えてみると、自分の授業に対する戒めになります。
 興味お持ちの方は、どんな製品なのか、Apple社HPのここでムービーをみてください!。(ちょっと興奮気味)
posted by kazyhazy at 19:30| Comment(3) | TrackBack(0) | プロダクトデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。