2012年08月18日

中学校美術Q&A in大阪(3)

Q&A_osaka.jpg
いつもだったら、「こんな話だった」「こんな内容だった」と報告するブログなんですが、余りにも密度が濃すぎてそんな気持ちになれません(笑)
・・・ということで前回も裏話でお茶を濁しました。
今回もどうでも良いような思い出を記録しておこうかな。

■あの論争はいかに?
I先生の発表が終わった後、進行役の私は発表で使われたプレゼンのオリジナルデザインの美しさを褒め称えた後「けど、最後の雪だるまはよけいだったなあ。あれさえ無かったら素晴らしい発表だったのになあ」なんていうツッコミを入れてしまいました。
I先生への質疑の時間にY先生は「いやいや私はあの雪だるまがあったほうが良いと思います」なんて言って挑んで来るではないですか(笑)
おもわず「この件について、他の先生方はいかがですか?」なんて討議を展開しようかなんて考えましたが、それは「脱線しすぎかな」とおもって自粛しました(笑)
あれについて話し合っていたらどうなっていたんでしょうね。

まあI先生も私も関西人。せっかくボケてくれたんだから、ちゃんとツッコミをいれないとね!
・・・ということで。
(I先生からは、律儀に「ちゃんとツッコミを入れてくれた事」への御礼のメールが来ました)

■こんな懇親会でした
参加者の9割が懇親会に来るという凄い状態でした。懇親会としては平均的な2時間のコースだったのですが、50人以上の参加者なので、時間が足らん足らん。まだ話をしていない先生方の所へ回る余裕はありませんでした。
しかも終わったあとが大変。
一次会が終わったら、だいたい散り散りになって小さいグループで2次会に「行く人は行く」という感じになるのが普通だと思っていましたが、だれも帰らない。
2次会のセッティングなんかしてなかったし、店の前で50人が次の案内を待ってるし、「今からこの人数を収容できる店があるのか?」という状態でした。

最終的に何とかなって良かったです。機転を利かしてくれた大阪の先生方ありがとう。




posted by kazyhazy at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月24日

夏休みの一日

最近ブログの更新が滞っていました。
学期末は忙しすぎて、体調も崩しておりました。
今年はちょっと大きめの役割が多くて、大変です。

夏休みが始まり、少しぐらいは余裕が出来るのかと思いましたが、学期末並みの忙しさは続いています。Q&Aの準備もさることながら、Q&Aの前に2つも美術教育関連の研修企画があって、その準備に追われています。
県外から呼んでいただいたものも含まれていますので、遠方まで出かける準備もしないといけません。通常の校務も結構ある立場なので、なかなか準備が進みません。とほほ。
IMG_0777.jpg
写真は、美術部用ワークシートを使って基礎演習をしている一年生。水加減と絵の具の量だけに特化した課題なので全員で同じようなのに取り組んで、お互いに研究し合っています。

あーでもない こーでもない と試行錯誤をするのは良いことです。

2〜3年生は大きなキャンバスに向かっています。
来週には県の展覧会があります。
・・・・ということで毎日、午前も午後も部活動をしております。

これでは仕事も減りません。リマインダ−(iPhoneの備忘録アプリ)は行列状態です。

posted by kazyhazy at 22:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

「中学校美術Q&A」in 大阪 情報(10)

すでに本家でお知らせしていますように「中学校美術Q&Ain大阪」の受け付けが終了しました。
teiin.JPG
それほど大きな部屋を用意していたわけではないので、満席まで「あっ」という間でしたね。
だいたい研究会が満席になるのって、たいてい小学校の先生を含む大会の時なので
中学校だけの研究会、しかも運動部の大会のある夏休みなら「これくらいだろう」と考えていました。

希望者が2倍もあって、半分しか入れない!という事態ではないので
まあまあ予想通りというところでしょうか。

これから全国で何度も展開される活動なので、今回参加できなかった方々はご容赦を。
北海道の方はまだ席があるようです。
参加者名簿を見ていると、両方に参加する人がいたり、東北勤務なのに大阪に参加する人が居たり・・・なかなか皆さん熱心です。

ありがたいことです。大阪で出会えることを楽しみにしております。

さて、学期末の忙しさも一段落したので、そろそろ夏の準備を始めます。
機材や受付などの準備もありますが、プレゼンやワークショップなどの「中身」も考えなきゃ!


posted by kazyhazy at 22:44| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

記事の修復(6)

久しぶりに修復しました。
「マーク作り」始めました(7)〜(10)です。

(7)のリンクだけ張っておきます。あとは連続してご覧下さい。
posted by kazyhazy at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

千客万来(2)

先日、他府県から来校された先生からメールをいただきました。
半日の間、本校の美術室に居て授業を参観された先生です。
mirai6f.jpg
■3年生の授業から
生徒たちに「コレ、何壊したん?」と聞いていたら、機械系、オモチャ系、ファッション系のような、特定の傾向があることに気付いて、その時はあまり気にとめていませんでしたが、後で先生からいただいたプリントを見たときに「なるほど!」と思いました。
ちゃんと【授業の隅々にまで教師の意図が行き届いている】ことを実感できました。

■1年生の授業から
【会話のキャッチボールがすごく自然】で、授業の本筋から脱線するような生徒の思いつきの発言もパッと拾われているし、生徒の思考が詰まってきたときにも、答えを教えてしまうのではなくて、ちゃんと生徒たちが、「あっ!」と気付く方向に導かれていたところが、見ていてすごく気持ちよかったです。
結局、以上はごく当たり前のことばかりですが、私は全然ツメが甘すぎるので、生の授業を見ることができて本当によかったです。ありがとうございました。


参観の礼状で悪く書く人は余りいないので(私ぐらいか?)その辺は差し引いて読んで下さいね。

posted by kazyhazy at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。