2017年02月28日

学び研(大阪)その3

学び研大阪の中で出てきたキーワードのひとつは
「育てたい資質・能力」
であります。
今やもうこれを抜きに授業改善は語れないっていう具合の文字通りキーワードであります。
実はこの言葉に関しては
田中真二朗tと私の間でメールのやり取りがあり、もっと勉強したいという思いがあったため、二人で提案して上野先生が引き取ってくれたような形にすることができました。
manabiken05.jpg
上野先生が上手に説明してくださったのですが・・・
育てたい資質・能力があって、それを育てるために(例えば)自画像などの題材がある。
しかし現状は「自画像をさせよう」というのがあって、それが上手に描けるようにするために自画像を教えている。これは自画像をさせるために自画像をするというような構造になっている。

・・・のだそうだ。
資質・能力をとらえるのに非常に分かり易い話です。

しかし、ひねくれ者の私は色々と考えてしまいます。
「資質・能力というのは【自画像】と言う題材全体にかかるようなレベルの階層にあるのかな」
「いやいや【描く】ことで育てるのなら、もう少し下の階層でA表現(3)にかかるようなレベルのものかな?」

なんてことを疑問に思いながら聞いていました。
その後
ソン先生が発表されたピクトグラムの授業も引き合いに出されて、
「色と形を工夫して伝達する」という資質・能力を育てるためのピクトグラム・・・という構造が出た時には、これはA表現(2)にかかっているので、やはりこの階層かな?
なんてことを考えていました。
(正解は知りません)
意味が分かりますかねえ。
私が何に困っているのかを説明できているのでしょうか?

この資質・能力というやつには色々と疑問があります。
まだまだ勉強不足で、一回では疑問を書ききれないので次回もいっぱい書いて誰かが教えてくれるのを期待したいと思います。
田中真二朗tと私のその件での「やり取り」も紹介できればと思います。



posted by kazyhazy at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。