2017年02月15日

校内研日和(30)課題と展望6

学び合いが進んでいる学校から見れば
「まだ、そんな段階か?」と思われそうですが・・・
本校ではまだ「みんなが解るようになることが授業の目標である」ということを共通理解して、学校をあげて教師も生徒も一丸となって実現に取り組むところまでは行っていません。(目標設定の課題)
同時に、単に「自分だけは課題ができた」と言っただけでは評価せず、「わからない」と言って教えてもらっている生徒を評価するという目標に沿った評価の段階にも達していません。(評価の課題)

そういうことができていないのなら、
「じゃあ授業で何をやっているのか」を端的に言ってしまうと、課題の「解き方」を教える時間になってしまっているのではないでしょうか?
manabiai01.jpg

これは美術でもありうる話だと思うのですが
「描き方を教える」とか「作り方を教える」ような授業になってしまった時「うわぁ今日の授業は大失敗じゃないか」なんて思うことがあります。
生徒自身が表現したいことを実現するために試行錯誤する醍醐味は必須だと思うのですが、それが無いのなら、「やらされ感」満載の授業という事になりますよね。

5教科でも同じです。
課題を聞いて、どうすれば良いのかを友達と相談したくてウズウズしている生徒に、教師が解法を伝えてしまえば台無しです。
そんなことをすれば「優秀な生徒は良く理解して、普通の子はだいたい理解して、不得意な子はできない」という従来通りの結果に留まることになるのではないでしょうか。今現在がそうであるのは、そういう授業になってしまっているからなのかもしれません。

しなければいけない「目標と評価の再設定」できていなくて
しない方が良い「解法を教える」という授業をしてしまっているのなら
現状の本校は「正反対じゃないか」と言われても返す言葉がありません。

「授業観もひっくりかえるじゃないか」
というところに私が至った話に、ここでつながる訳です。
そう考えないとパズルのピースがうまくはまらないのです。



posted by kazyhazy at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 校内研 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。