2017年02月08日

展覧会をどうするのか(20)

前回、自分の学校の展示を披露して「ひと区切り」つけたつもりだったのですが
「作品がほとんど写ってないじゃないか」
というお叱りをいただきました。
特に「自分らしいツノが生えてきた」の方ですね。
・・・という訳で、授業者の許可をもらって展示されている作品を大放出しちゃいます。
(全部ではないのですが)
horn01.jpg
画像をクリックすると拡大できるんですが、「制作意図」の用紙も読めてしまうかもしれません。
生徒の名前が判読できるようなら「取扱注意」でお願いします。

horn02.jpg
本当にどこかの動物から生えていてもおかしくない様な渋い色合いや凹凸のある作品から
一年生らしい鮮やかでカラフルな作品までバラエティに富んでいます

horn03.jpg
この授業が生まれるまでの経緯はブログで夏ごろに公開されていました。
初任者Yさんが授業を作っていく過程を「親心」のような気持ちで見守ってくださった読者の方々「あの授業のその後が気になる」と言ってくださっていました。

horn04.jpg
指導者の指示通りの「同じような作品」が展示で並ぶ問題も、展覧会の過去記事で扱ってきましたが、ご覧のような有様でひとつとして同じような作品はありません。
初任者が一学期に始めたオリジナルの授業ですから、私の方も「一人一人が主題を生み出す過程がちゃんと設定されているか」を丁寧に見たつもりなので、それが生かされたのなら嬉しい限りですが・・・
実は現在3学期にやっている表現の授業(まだ紹介していません)にも良い影響を及ぼしているようなのです
今日の授業後の成果を見ながら、そんな話で放課後は盛り上がっていました。



posted by kazyhazy at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。