2017年02月06日

展覧会をどうするのか(19)

展覧会をどうしていくべきなのかを考えるために
素晴らしい取り組みを始めている方々を紹介しました。
最後に、自分がいかに「できていないか」自戒の意味を込めて暴露したいと思います。
tenji01.jpg
美術室前の廊下なんですが、2学期に終了した作品のミニ展示会を開催中であります。
右の奥の方にもう一列机が見えると思います。
あちらの方はこれです。
tenji02.jpg

未来に発見される我々の化石展。
こんな作品が展示されています。
tenji03.jpg

一応は生徒が書いた「制作意図」が作品についてます。
そこだけは「ちゃんとしよう」と思ってましたが、それ以外は・・・。
大規模校なので全員展示はできないし、生徒が展示方法を考えたわけでも無く、等間隔に並べられていますから、以前の記事を書く時も反省しながら書いてました。

良いことだけを書いているわけではなく
ちゃんと恥ずかしいことも披露する良心的なブログだということで
お許しください。




posted by kazyhazy at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。