2017年01月29日

展覧会をどうするのか(15)

前回までの田中先生の「美術の時間展」の記事を読んで、どう思われましたか?
「オレもやるぞ」でしょうか。それとも「とても、とても私には無理」という気持ちだったでしょうか?

田中先生の取り組みを知って「自分もやらなきゃ」と思った先生がいらっしゃいます
今日はそんな先生の取り組みを紹介します。
mth1.jpg

亀井道敬先生は、数年前に田中先生のブログを見て感銘を受けたと言います。
その内容にあこがれを持ち「頑張ろう」という気持ちを新たにしました。
そんな時に中学校美術Q&Aが亀井先生の山形から参加しやすい宮城に巡ってきました。
(知らない人のために書きますと、中学校美術Q&Aというのは梶岡も運営の一人だった活動で、各地の美術教育を盛り上げるために数年前に全国を周っていた取り組みです。)
それが自分のターニングポイントだったと彼は言います。
Q&A宮城の一日目には「自分も美術の時間展をやろう」と決意し、山形へ帰った後も興奮が冷めやらず、その後のQ&Aにも(遠い島根までも)参加してくれました。
mth2.jpg
実践に少し自信のないところもあって同じ「美術の時間展」という名前にしなかったそうですが、保護者や地域の方々に生徒の考えていることや感性を伝えたいという思いで、ついに実施されました。
当時、中学校美術ネットでも紹介したので「亀井先生もついにやったか」と感心したのを覚えています。パソコンの前でブログを書いているだけの私とは雲泥の差です。
mth4.jpg
市や県の組織で行う展覧会とは違って「ひとりで」準備をしなければならない辛さもあったと聞きます。今後はさらに計画的に実施せねばという思いと、もっと授業中の様子なんかも発信したいという展望も持っておられるようです。
mth3.jpg
こういう展示を実行してしまうと「どうしても自分の授業に厳しくなったし、辛くもなった」とおっしゃる亀井先生ですが、それはマイナス要素ではなく、とてつもなく大きな収穫だと思います。
展覧会をどうしていくのか考える時、辛かったことも含めて経験しておられる亀井先生はやはり先達であり、大したことをしていない私は教えを乞う側だと思えてしまうからです。




posted by kazyhazy at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。