2016年12月24日

授業を見る 授業を作る(23)

若い人の授業を見るようになって改めて
「授業を作る」
というのは大変なんだな、と再認識しています。
なかでも美術科は特にそうだと言えるでしょう。
だから、11月にアニューで若い先生を対象に話をしたときはこんな画面で始めました。
aenew04.JPG

数学の先生が新学期に
「う〜ん今年は何から始めようか」と悩んだりしないし
その他の教科もそうでしょう。
aenew05.JPG

美術科だけがそんなんだから苦労させられます。
前回までの授業のコピーの話なんかも、こういう苦労に起因するものだと思います。

その若い先生方への講習会で、
「まあ、9教科の中で・・・・、
    美術科の教師だけが少し給料が高いのはそういう理由からなんですね」
・・・と説明して、少し「しんみり」した雰囲気になったところで
aenew08.JPG

嘘だと告げた時は、予想外の爆笑だったのが印象的でした。(笑)
ニヤっとされるぐらいだと思ってたこちらが驚いたぐらいです。

前半の嘘の部分で納得してしまうぐらい皆さんは授業作りには苦労させられているということでしょうかねえ。


posted by kazyhazy at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。