2016年12月08日

キーノートの活用(2)

先月のアニューのCONSENT Caféで話をさせてもらったとき、
使ったプレゼンソフトも、もちろんキーノートでした。

その時はiPadをプロジェクタにつないでおいて自分はiPhoneをリモコン代わりにして、会場をウロウロしながら話をさせてもらったのですが、以前はiPhoneをリモコンにするには別のアプリが必要でした。
で、今はアプリの中に実装されています。
このボタンです。
keynote02.jpg

一度ブルートゥースでペアリングしてあれば、このボタンを押した途端にiPadを探してくれます。
あとはiPhoneの方の再生ボタンを押すだけでiPadのキーノートが進行します。
なかなか便利な機能です。
まあこれは有名な機能なのでご存知の方も多いと思います。

実は知らなかったのですが、アニューでの本番直前にふと
「レーザーポインターやペンの機能を手元のiPhoneの方で使ったらどうなるんだろう」
なんてことを思い立って、ぶっつけ本番でやってみました。

手元のiPhoneの方はこんな画面です。
keynote01.jpg
手元のiPhoneに指で書けば、遠くのプレゼン画面にも線が登場して同じように描かれるではないか!!
本番中なのに
「おおっ!こんなこともできるのか」
と内心では感心しながら講話内容を話し続ける私だったのでした(笑)



【関連する記事】
posted by kazyhazy at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | プレゼンテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。