2016年11月03日

番外編の美術(6)

数年前、三重県の国道で車を運転して目的地に向かう途中
なぜだったかこの番外編とも言える美術の話題になりました。
助手席に乗っていたのは文科省教科調査官のH先生(バレバレ笑)
IMG_1189-780x520.jpg

発想構想をすっ飛ばして創意工夫に直結するような活動が増え、
特に美術教育に敏感で熱心な先生によって実践され、
中学校や高校なのに造形遊びが有効に働いているように見えるのだけどどうか?

・・・というようなことを聞いた記憶があります。

文科省のH先生が京都弁で (バレバレ笑) 答えてくれたのは
学習指導要領的にはダメだとのこと。
中学生ともなれば主題を生成したり構想を持ったうえで取り組んでもらいたいとの返答でした。

やはり番外編だったか。
王道のメインありきで補足的に番外を入れるしかないようです。
(まあ、元からそのつもりでしたが)

先日、近所の小学校へ行ったら
12色相環を正確に塗ったような小学生の作品が廊下に貼って合って愕然としました。
別の小学校には「近所の風景」を全員に一点透視で描かせた5年生の作品もありました。

地域の展覧会を実施すると
一緒に展示している中学生の作品が小学校の先生の目に留まります
小学生よりは上手に見えますから
「あんな風に描けるように育てたい」
・・・と思ってしまうのでしょうか。(小学校の先生に訊きました)
中学校の授業が(あまり良くない実践に限って)小学校へ流れます。
私だったら中学生相手にだってそんなつまらない授業はしたくないのですが、そんな授業を小学生にやってしまうらしいですね。

中学校の授業を小学校が真似て授業し
小学校の造形遊びを中学校で行う・・・不思議な現状です。







posted by kazyhazy at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。