2016年10月28日

番外編の美術(1)

IMG_0396.jpg
中美連しが研究部長の堤先生の学校へ行ってきました。
彼は美術で活躍するだけでなく校内の研究主任でもあり、勤務校の研究テーマが「学び合い」という点で私ともろにかぶっています。
一致しているのはテーマが「学び合い」であることと研究主任であることと、「美術で活躍」ってところも含ませたつもりなんですがお気づきでしょうか(笑)

ちょっと脱線しましたが、「学び合い」で公開授業をしている学校を研究主任として訪問したという訳です。
そこで、やはり見てしまうのは「美術」の授業。
今回は堤先生ではなく別の先生だったのですが、どうせ堤先生の息がかかった手先に違いないので(偏見)見せてもらうことにしたのです。
IMG_0394.jpg

絵の具を使った良い授業でした。
梶岡が見に来るということでちょっと緊張してたらしい授業者の先生。
堤先生からは「5分以上しゃべるな」という指令を受けていたらしいです。
教師主導の授業にならないように、生徒自身が発見するように、ということなんでしょう。
ほら、やっぱり良い息がかかってた(笑)

IMG_0398.jpg
画用紙にはあらかじめ色々な種類の樹木や葉が印刷されていて、そこに生徒たちは色を塗っていくので、一見塗り絵みたいな感じもしますが、絵の具の水分量や筆遣いや混色によってどのように表現が変わるかを実験する授業なのです。
生徒自身が発見していくという姿を見ると、こちらも嬉しくなってしまいます。

見学者の私にも
「ほら、こんなんができた」とか
「先生、こういう感じにするにはどうしたらいいと思う?」
と声をかけてくるナカナカ気さくなクラスです。
そういう風に生徒を育てている授業者の先生の人柄もあるのでしょうか?
(よそから見学に来たオジサンのフリをしていましたが
私が美術の先生だってことは生徒にバレていたみたいです。)

そう言えば今日のタイトルは「番外編の美術」でした。
そのことに触れ始めると、あと二日分ぐらいの分量になりそうなので
続きはまたあした。
なぜ「番外編」なのかが明らかに!!!



posted by kazyhazy at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。