2016年10月17日

美術教育学会(滋賀大会) 自分の発表 その5

鑑賞授業の中で自分が行う発問を4つに分類する・・・今日はその2つ目のタイプ
発表3.JPG

生徒とのやり取りの中で発問自体が生まれてくるようなやりかたです。
今度は「クリスティーナの世界」での授業の様子で例を示します。
Christinas-World-1949.jpg
前回の発問でもし季節のことが話題に上がっていなかったとしたら
「季節はいつだと思う?」
「ふ〜ん A君は秋だと思うの。どうしてそう思ったのか言ってくれる?」
「なるほど、草原の色・・・そういう理由か」
「A君はこう言っているけど他の人はどう思う?」
「へ〜え Bさんは夏だと思うの。なぜ?」
「女性の服が半袖だからって?なるほど。よく観察していますねえ」

・・・・という風に進めます。
たまたまこのクラスでは季節のことが話題に上がってなかったので例のようになりましたが、当然他のクラスでは違う展開になっていたかもしれません。
「作者のワイエスって、どんな性格だと思う?」とか「登場している女性は何歳くらい?職業は?」などなど絵の解釈を前に進める発問を生徒の様子を見ながら必要に応じて繰り出し、返答の根拠をたずね、他の生徒にも問いかけます。

整理して書くと・・・
@発問の種類
・全体を対象としたOpenQuestionと個人へのOpenQuestionの組み合わせ
A授業にとっての役割
・作品全体の解釈に必要だが、初発問で言及されていない事項の補完
・意見の組み合わせで当該クラスの解釈を一歩前に進める。
B生徒にとってのHiddenCurriculum
・根拠を自己に問い返して思考する。
・級友の意見との比較で思考するようになる。


◆ご存知の通りこの活動も「対話による鑑賞」としてすでに認知されてきたやりかたです。私の授業では2種類目の活動という位置づけですが「対話による鑑賞」では、この部分が最も重視されているような印象を持っています。(対話している場面なのだから当たり前ですが)だから「対話による鑑賞」では十分な対話が深められたらここで終わって次の作品に移る場合があります。

VTSで重視されているのもここではないでしょうか。「対話による鑑賞」が発問の1と2で構成されているとすれば、VTSはこの発問2だけで構成されていて、この部分を洗練させた印象を持っています。(間違っていたら誰か訂正してください)

◆中学校1、2年生で授業をする場合、このやり取りを深めるところまで来るのに時間がかかって、そろそろ授業も終盤に差し掛かる時があります。先生が答えを教えてくれる授業じゃないってことや自分で解釈しても良いんだってこと、友達の意見が自分のと違っても良いってことなどに気づくだけでも大したものなので、そこを主眼に授業をするなら「ここで終わるのも良し」って思っています。

しかし、1,2年でこういう活動を経た3年生なら、授業の中盤でここまで来れます
「それならもっと深いところまで行こうじゃないか」
・・・ということで用意したのが次回に紹介する3つ目と4つ目の種類の活動ということになるわけです。


posted by kazyhazy at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。