2016年09月24日

メンター制の研修(2)

全職員の講話可能な得意分野がわかったところで
学校長を巻き込むことにしました。
新しい職員体制へと再構築する意味もあるし
新しい仕事を任命する部分もあるので
やはりここは学校長にお願いするしかありません。

その辺、よくわかっている校長なので
ガンガン進めていただけまして、かなり所まで考えていただけたのでありがたかったです。
そうして決まったのは4種類のグループです。

◆大ベテランで初任者に講話もできるけど、すでに主任などリーダー的な仕事をしている先生方にはコーディネータを頼むことにしました。まあ、研修会のファシリテータは梶岡で十分なのですが、できるだけ多くの先生方を巻き込もうという校長のアイデアです。

◆ベテランだけどあまり前に出る役職は担当していない・・・けど得意分野がはっきりしていて、有意義な話をしていただけそうな先生方に講話担当をお願いしました。

◆20代の先生ではありますが、初任者と共感できる部分も多いので今後の成長を見込んで、あえて若手の講話担当をお願いしました。

◆話を聞く側の初任者と臨時講師の先生と「私も初任者と一緒に話を聞きたい」と言ってくださる勉強熱心な先生方
・・・・の4つです。
IMG_0685.jpg

そうしてこの企画の第一回目が始動し始めました。
いつもだったら私が初任者3人を別室に集めて一般研修をしている時間に
平成31年からの「特別な教科 道徳」について語れる講師役の先生
場を進めてくださるコーディネータの先生
聞く側の初任者と臨時講師の先生
・・・・とが集合して有意義な研修会を開くことができました。
聞くだけではなくて、話し合う場まで設定してくださって感謝感激です。



posted by kazyhazy at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 校内研 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。