2016年09月18日

授業を見る 授業を作る(15)

生えてきたツノを作る授業ですが、ついに粘土を使う所まできました。
角が生えてくるわけですから、それは当然生き物です。
生き物には「思いやり」も必要かもしれませんが(笑)
皮と言うか、甲殻というか・・・・
ツノにマチエールを付ける段階が近づいているので、その前に「粘土で色々と試してみよう」という楽しい時間です。

Y先生が今日の「めあて」を説明していると・・・・
「もう!やりたくて仕方がないので、早く説明を終わって〜」なんて失礼なことを言う生徒も。
ツノ679.jpg
タマゴカッター(という名前か?)で粘土をスパッとやっちゃっています。
気持ちよさそう!!
なんかメロンパンみたいになっています。

ツノ675.jpg
細かい網目の中に粘土を通すとどうなるのかを確かめています。
米粒みたいなのがたくさんできたようです。

ツノ676.jpg
たくさんの発見をして、色々な粘土の表情を見つけたようです。
今日のところは実験ですので試してみたり遊んだりするのが目的です。

つの680.jpg
けど、振り返りは必要です。
今日発見したことを発表する時間です。
今日の作業は細かかったり小さかったりするので拡大投影して発表です。

中には画面に映しながら実演する生徒もいました。



posted by kazyhazy at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。