2016年09月07日

校内研日和(14)

以前の文章に、ちょっと仮説の話題が出た時にも、仮説の扱いが難しいので「また後日」みたいな感じでうやむやにしておきました。

実は8/30の校内全体会でも「仮説の扱いの難しさ」については話題に出して、私からの話と外部講師の方の話を交えて説明するという一幕がありました。
その時の内容も含めながら、校内研(学校研究)における仮説の問題を何回かに分けて書いていこうと思います。

<学校における仮説検証の問題1>

そもそも仮説と言うのは自然科学の研究で多く見られるものなのではないでしょうか?学校が生徒相手に「どのようにして行けばよいか」を考える校内研(学校研究)なんかで使えるものなのかどうか疑問が残ります。
自然科学の場合は「たぶんこうなのではないか」という仮説を基に、複数の条件で観察をしてみてデータを蓄積したり、実験したりして「仮説は正しかったのか」「間違っていたのか」を確かめることができます

つまり学校において、このような科学的な検証が可能なのかということが問題なのです。

IMG_0351.jpg

学校・研究・仮説などのキーワードで検索すると、○○中学校校内研究や○○県教育委員会など、山ほど仮説を使っているところが出てきます。

「これこれこのような道徳教育を推進することで、生徒は自己肯定感を高め、人間関係の課題を乗り越え、生き生きと学校生活を送ることができるであろう」

「これこれこのような教材で、このような工夫をして授業をすれば子供たちは瞳を輝かせ、主体的に学習を進めながら理解を深めるであろう」

・・・・などなど、たくさんあります。
これらは、仮説が正しかったかどうか検証できるのでしょうか?
仮に検証できたとして、
検証の結果「仮説が間違いであったことがわかった」なんて事態がありうるのでしょうか?
検証の結果、仮説が修正されるのは、それはそれで進歩ですから悪いことではないのですが、間違いを認めて修正しながら進めるという、そんな真面目な校内研(学校研究)は聞いたことがありません。

この辺は以前にも書きましたね。予定調和というやつです。
PDCAやコンプライアンスの考え方が学校に入ってきて、良い部分もたくさんあるのですが、その考え方を当てはめなくてもよいところに当てはめてしまったのでこんなことになったのかもしれません。
一世を風靡したPDCAも仮説も、雑に扱っては良さが生きてきません。結構絶妙な導入の仕方をしないといけないはずなのですが、そのことはもう少し後で書きますね。



posted by kazyhazy at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 校内研 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。