2016年08月25日

校内研日和(9)

これまでは、校内での全体研修会について紹介してきました。
今年度の研究方針の説明をして
アンケートを取って、その集約を共有して
公開授業をして、授業研をして・・・
という所まで来ました。
あとは、外部講師の先生の講話を聴いて
この日の研究会のまとめです。
締めくくりに際してこんな企画を用意しました。
仮説.JPG
本日のまとめとして参加された先生方全員にこれを書いてもらうことにしたのです。
実は校内研全体の計画に研究仮説は設定していません
(理由を書くとまた長くなるのですが、校内研における仮説はくせ者です。)
これは、職員一人一人に書いてもらうものです。
中身を読んでもらえればわかるようにこれを書けば
1、今日の研修会での学びの確認になる
2、それを生かして、「次にこうしよう」という目標になる
3、目指す生徒の姿が新しくなる
4、回収して一覧表にすれば全員で共有できる


強制的に研究主任が
「こういう風に取り組めば、こうなるからやってみ!!」
というのではなく、まだまだ職員の皆さんに下駄を預けたままにしています。

一つの方向を早々に打ち出して進めるのって何かに似ていませんか?

そうです。昭和の授業ともいわれている一斉授業です。
教師主導で生徒をひっぱるというアレです。

我々美術教師は、例えば鑑賞の時に生徒一人一人の作品解釈に耳を傾け
それぞれが違う意見であったとしても、それを許容して
多くの意見や発見を共有したり、組み合わせたりしながら授業を進めます。

これと一緒ですね。

うちの職員一人一人が違う仮説であっても、それを許容して共有化していきながら、みんなで方向性を作り上げていこうと考えているのです。




posted by kazyhazy at 18:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 校内研 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記入シートのレイアウトデザインが美しい〜
あ,話題はそこではありませんね。(^_^;)

この手立ては「なるほど!」と大きくうなづきました。
梶岡先生の視点の高さにシビレテおります!
Posted by 黒木 健 at 2016年08月25日 19:16
ありがとうございます。
たった一回の、
校内だけの研修会に
「どんだけワザをつぎこんでんねん」
状態です。
Posted by kajioka at 2016年08月25日 23:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。