2016年08月22日

校内研日和(6)

このブログもお盆休みをいただいておりました。
ひとつ前の記事で怒涛の日々を紹介しましたので
田舎へ帰ったり温泉へ行ったりでした。
(その間いくつかの美術館に行き、いくつかの研究会に参加していたのですが、それに関してはカッツアイ!)

ボチボチ報告しております校内研の方を進めますね。
6/28に校内だけですが研究会を開催しました。
(外部講師と県教委さん居ましたが)

別の連載で登場していた数学のT君の公開授業です。
何度も相談に来ていただけあって良い授業でした。
平方根の計算という地味な内容なのに
「乗法はそのままカケれば良いのに、なぜ加法ではそのまま足してはいけないのか」というお題を生徒に出しました。
生徒たちは、ルートの足し算で「そのままの数字を足してはいけない」ことを証明しなくてはいけないことになった訳です。
root.JPG

あーでもない こーでもない
と各グループで話し合いが始まりました。
一応研究主任なので
「先生方!生徒のつぶやきが聞こえるところまで班に入ってください。」
というと、こんなことになってしまいました。
CIMG7884.jpg
生徒は40人ですが、教師は60人もいます。

去年までは公開授業を二つにする方法だったのですが
それでは、あとの話し合いが盛り上がらないので
無理やりひとつにしました。
そのためここは被服室
教師が全員入れるぐらい広くて
大きな机があるので生徒もグループ活動をしやすいという訳です。

おかげで授業後の話し合いもうまくいったのですが
そこにもいくつかの仕掛けがありました。
それに関しては次回。


posted by kazyhazy at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 校内研 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。