2016年08月03日

美術部の顧問(17)

搬入の翌日、8月2日は美術部全員で美術館に行きました。
滋賀県中学校美術部展(自分たちが出している展覧会)を見学するためです。
IMG_0250.jpg
前にも紹介しましたが、受付で生徒たちは「鑑賞カード」を渡されます。
これは、他校作品へのファンレターみたいなもので
書いて受付に出すと
展覧会中でもっとも感動させられた作品の作者に届きます。
IMG_0236.jpg
他校の生徒が、本校の作品をしげしげと見ています。
ウチの作品は、「すごい腕前で目を引く」というのではないのですが
作者の思いや表したいことが「ちゃんと存在する」作品群だと自負しています。
そういうところを見てほしいなあ。

学校で制作中に、気が緩んでいた時に私が散々脅していたので
ちょっとビビりながら会場に来た生徒は
これを見てホッとしたようです。
IMG_0254.jpg


posted by kazyhazy at 18:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 部活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鑑賞カードいいですね!19日から15校で美術部合同作品展を行うのでやってみようと思います。
カードの右側に画像のようなものがあるのはなんでしょう。
Posted by 飯田成子 at 2016年08月03日 21:29
飯田先生お久しぶりです。
鑑賞カードは、普通の印刷用紙に「○○中学校の○○さんへ」とあって、絵の感想を書く欄と自分の名前を書く欄があるものです。
画像があるのはキャプションですね。あれは制作時の後ろ姿と作品の写真です。
キャプションをかためて貼ってあるので、どれがどの絵のものなのか、分かりにくいので画像を付けました。(本校独自のキャプションです)いまではいくつかの学校が真似してくれています。
生徒には、「表現したかったこと」や「なぜこのモチーフを選んだのか」について書けと言ってあります。「ここを塗るのが苦労しました」とか、技能面については書かないようにと言いました。
Posted by かじおか at 2016年08月03日 23:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。