2016年07月28日

校内研日和(1)

7月から再開したこのブログも
記事の内容が段々と現実の時間に近づいてきました。

しか〜し

まだ手付かずだったシリーズがあって
それを立ち上げるためにまたまた時間を4月に戻します

4月から私は、初任研の指導員と同時に、校内研の研究主任になりました。
例年の担当者が授業ゼロ時間でやってる初任者研修指導員を授業アリでやってるというのに
研究主任と言う大きな仕事をいただいたのは
すでに退職した某校長のしわざおかげです。(笑)

現任校の前に勤務していた教育センター(教員の研修センター)時代の上司だった人です。
kounaiken1.jpg
だから、現任校に校長として赴任されて以降、なにかと教員研修や授業改善について話す仲だった・・・と私は思っています。
だから、いつかあいつを研究主任に嵌めてやろう・・・と思っていて、退職間際の最後にやっと念願をかなえられたので、某校長も思い残すことはないでしょう、というのはまったくの嘘です(笑)

本校の研究はこれまで「学び合い」(学びの共同体)を数年やってきていて、それを今年引き継ぐことになったわけですが、それまでは研修主任はおろか、研究部の部員にすらなったことがありませんでした。

本校勤務10年目のですが、そのうち5年間が3年生所属という、修学旅行に関しては5割バッターの私です。進路主任率が高いので、これまで校内研にあまり関われず、校内の研修会でもただの参加者でした。

あんまりわかっていない状態からのスタートなので、ゼロからここに書けるというのも良いものです
私が「ちょっとずつ分かってくる」のと一緒に、これを読んでいる皆さんにも追体験していただけたらと思います。





posted by kazyhazy at 00:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 校内研 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 県や地区指定校内研究というとなぜか良い思いが残っていません。なぜかというと、結論ありきから始まっているのです。しかも研究発表大会がなにやら手拍子総会のような感じになっていました。
 研究は、テーマ設定の理由(研究の必要性)、先行研究、仮設、研究デザイン(主として調査・実験研究か事例研究)、予備研究、本研究、議論、引用文献、参考文献の形式をとるべきではないかと思います。導き出された結論が思うようでなければ再度最初から見直すぐらいの覚悟でいてもらいたいと考えています。
Posted by 江原 正 at 2016年07月28日 01:01
コメントありがとうございます。
まさに江原先生の言う通り。予定調和の校内研のなんと多いことか。
その点、このブログではゼロベースで研究内容を見直し、私が暗夜行路を五里霧中で四苦八苦する連載にするつもりなので、またアドバイスいただけたらありがたいです。
Posted by かじおか at 2016年07月28日 02:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。