2016年07月15日

美術部の顧問(15)

今は保護者懇の真っ最中ですので午前中授業です。
ですから生徒たちは午後に部活三昧です。
美術部員も夏の展覧会に向けてラストスパートです。
IMG_2228.jpg
昨日までは2,3年生の作業を見ていましたが、そろそろ基礎練習ばっかりやってる1年生にも次のステップに進まなきゃと思い、黒板の前に集合させます。
黒板にワザと書いて、空欄の括弧を(  )(  )と書きます。
「後のふたつは何ですか?」と聞くと1年生はキョトン(笑)
以前に話してあるはずなのですが、まだまだ浸透していません。
ちなみに通りがかりの2年生に聞くと「ワザ・モノ・コト」と即答なので安心です。
やはり1年生を鍛えなきゃ!です。

美術部に入部するぐらいだから当然、絵の好きな子たちなんですが、何も言わないときっと「絵がうまくなりたい」という気持ちしか育たないと思い、毎年徹底している内容です。
展覧会でもやたらうまい絵に人気が集まります。それはワザしか見えてないんですが、上手だけど中身のない絵葉書の風景のように美しい絵でも「すごい〜」となってしまうのは人情です。
信じられないくらい輝く色彩の波の中をイルカが跳ねるという、美しいだけで中身スッカラカンの絵が大人に売れていたりもしますよね。(ああ、またそんな悪口を!!)
wazamonokoto.jpg
実は、いままでの基礎演習は「こんな感じになるようにこれを描きなさい」というようにコトモノを先生が指定してあったので、君たちはワザの練習だけをすればよかったのですが、これからは、自分の気持ちを見つめなおして感じたことや表したいことを見つけ出し、描くモノを自分で選べるようになってほしいと思います。
・・・・という風に話を進めました。
けど、「寿司はウマイなあと感じたコト」や「夕日ってきれいだなあと思ったコト」というのは、先生のようなオッサンにでも感じられる程度のコトや、たいていの人が同じように感じるコトということになってしまいます。
できれば13歳の時にしか感じられない、今の気持ちや若い感性を大事にしてほしいなあ。

・・・・なんて話をしているのを、だまって黙々とキャンバスに向かっている3年生たちは、絵をかきながら聞いていたんでしょうね。話が終わって1年生がコト探しを始めた時に3年生が、
「先生、私たちが1年の時より教え方がうまくなったなあ」
おいおい 上から目線なのか?(笑)


posted by kazyhazy at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 部活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。