2016年07月07日

授業を見る 授業を作る(4)

やりかたを思い出しながら、アクセスカウンタを上につけてみました。
昔のアクセスはもう分からなくなってしまったので
7月2日に久々の再開をしてからのアクセスを表示するようにしました。
1日平均300弱ぐらいですか・・・
皆様ありがとうございまする。

さて。担当していると書いております初任者研修ですが
幼稚園実習というものが義務付けられています。
学校から歩いて行けるところに幼稚園がありますから、そこの園長さんに「3人お世話になります」と4月のうちに申し込んであったのです。
初任者3人はその日一日は園児たちと幼稚園で過ごすことになるのです。
IMG_0153.jpg
事前に打ち合わせにも連れていき、幼稚園の様子を見学させてもらい、そこでお題をもらって帰ってきました。
自分の得意分野で30分ほどの園児向けの授業をやってください

さあ、ここで問われるのは相手理解です。
園児たちは何ができるのか、できないのか。こう言えばどう思うのか。園児のこういう行動にはどういう意味があるのか。しかもそれをリアルタイムで掌握して、咄嗟に次の手を打たなくてはいけません。

けど、これまでも書いてきた通り、これは中学生相手の授業も同じなのです。
予定調和で計画通りの、塾のように上手な授業ではなく、その場その瞬間に生徒と生み出す「生きた授業」を目指すべきこれからの若い人にはピッタリの企画ですね、幼稚園実習は!

でも・・・中学校での授業の様子を知っている私としては、きっと初任者3人には実りの多い悪戦苦闘の一日になるだろうな・・・と予想しながら内心ニヤニヤしていたのでした。(悪人!!)


posted by kazyhazy at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。