2014年05月13日

美術部の顧問(10)美術部内同好会?

本校美術部には
「美術室でしかできないこと、美術部でしかできないことをやろう。(つまりマンガや落書き程度の家でできることをしてはいけません)」
という約束があります。

特に、マンガやイラストのマニアではない生徒にとっては全く問題ありません。マンガやイラストが好きな生徒も油絵の大作に取り組んでくれているのですが、時々マニアの血が騒ぐようです。

そこで「イラスト競技会」なるものが生まれ、部活内の係活動として機能しています。
IMG_2099.jpg
■部活動の開始時にまるで朝学活のようなのを部長が司会でやっていて、出欠確認や「本日の一年生指導役」確認や連絡事項を伝えるのですが、そこでイラスト係からも「題材の募集」があります。
部活の時間にはできませんから、家で趣味で描いたマンガやイラスト(線描のみ)が集まります。
■今回はどれを「お題」にするか、係の子が決めます。
■数日後の開始時に係から「お題が決まったので着彩のチャレンジをする者を募集する」旨が告知されます。
 何人が応募するかがわかると、人数分の画用紙をサイズに切って私の所に持ってきて、「〜人分コピーしてください」と言ってきます。
■下絵がコピーされた画用紙がチャレンジャー達に配布されます。
 これも部活の時間には取り組めないルールなので、やりたい生徒は家でイラストの着彩を楽しみます。
■係から締め切りが告知され、集まった作品は掲示されます。日程が月例鑑賞会に近ければ、そこでも並べて、それぞれの工夫をたたえます。


色々と紆余曲折を経て、このようなカタチに落ち着いて、生徒主導で推進されています。
ちょっと現状を考察してみます。
◆イラストやマンガをやりたい生徒の気持ちも少しフォローできた。
◆イラスト競技の締め切りが近いからといって本業をおろそかにする子が居なくなった。
◆同じ下絵を使うことで、バラエティに富んだ表現の工夫を競うことができる。
◆同好会のように、やりたい生徒だけが主体的に運営できるので他の生徒も納得できる形になった。

・・・という感じでしょうか。

新聞製作係だけでなく、こんな係も機能するもんですねえ。

  


posted by kazyhazy at 20:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 部活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ツイッター→中学校美術ネット→「かj... えっ」→今に至る

これで先生の弱みを握れましたね
Posted by みやもと(天災) at 2014年11月16日 01:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。