2014年04月25日

美術部の顧問(4)月例鑑賞会

本校の運営内容を情報共有しようかな? という思いつき第4弾です。
(決して「素晴らしい運営だから真似しなさい」っていうのではありませんよ)

前回に少し触れたように本校では月例鑑賞会というのを実施しています。文字通り月一回です。今回はこれについてもう少し詳しく紹介したいと思います。
IMG_1990.jpg
数年前、最初に鑑賞会を始めた時の動機は不純でした(笑)
本校に赴任した当時、美術部は「帰宅部」でもあり「幽霊部」であり「落書き部」でした。
一部の熱心な部員を除いて、私の目から見ても「何のために所属しているのかわからない」生徒がたくさん居ました。
不真面目だと生徒を責めるのは簡単ですが、彼らだってやる気の出るモノに出会える環境があれば変わったのかも知れません。しかし、美術部がこういう状態であることは全国的にも残念ながら珍しいことでは無いようです。

とりあえず、現状を確認するために始めたのが鑑賞会です。これは毎月実施して、その一ヶ月にどれぐらいの仕事をしたのかを披露する会です。
逆に言えば(正直に言えば)一ヶ月間「たったこれだけのことしかできなかったのか自分は」という事実を突きつける場であったのです。

初期段階の業務改善でのPDCAのように現状認識から始めたわけですから、ガタガタ状態を立て直すには有効でした。しかし前回書いたように、ありきたりのコメントを言うだけの鑑賞で、ノルマの報告会みたいな雰囲気だったことは否めません。
当時の状況から考えると、あれも大事な経過だったのですが、いつまでもあのままで良いとは思えません。生徒同士で指示を出し合い、活動内容や役割分担を生徒同士で話し合って推進できる美術部に育った現在、同じような鑑賞会はしていません。
IMG_1987.jpg
まず、制作途中の作品で少し進展があった作品を5点ほど選びます。3年生と2年生から数点ずつです。
教室の前方にイーゼルをならべて簡易展示場を作ります。
最初はじっくり見る時間をとります。口を閉じて順番に見るように言いながら、見るときの観点を伝えます。もちろんそれは「わざ・もの・こと」です。
5点を見終わったら、一つ目の作品の作者から制作意図を語ってもらい、鑑賞者からその作品への意見や質問を受け付けます。
表現方法への意見、なぜそのモチーフを選んだかという質問、その主題ならもっとこうすべきではないかという提言などが飛び交います。

私の、授業での「対話による鑑賞」を経験している生徒も居るので、私の進行に慣れているということも助けになっているのかも知れません。時々交通整理をしたり、質問者に質問を返したりして対話を深めていきます。
場が十分あたたまったと感じたら二つ目の作品へ進み、ここからは進行役を生徒にまかせます
あとはまかせても大丈夫というわけです。

来週の月曜日、4月の月末鑑賞会を行いますが、なんか今からワクワクしてきました。

 


posted by kazyhazy at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 部活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。