2014年02月27日

Q&A神奈川メモ(3)

前回に予告したとおり、学んだことをさっそく生かしました。
「なぜこの色にしたのか?」というヤツです。
kanagawa_11.jpg
今年は授業を持っていないので、これは美術部です。
毎月の月末に鑑賞会を実施しているのですが、今日はやり方を変えました。

制作途中の作品を5名分だけピックアップして25名ほどの部員たちが
「なぜその色を選んだのか」
「なぜそのモチーフにしたのか」
「この作品はなにを目指しているのか(主題を訊いている)」

などを作者に問うカタチで進めました。
さすがにこれまで手塩にかけてきた美術部員!ガンガン意見が飛び交います。

作者は、さまざまな角度から問われて一番得をしたと思います。
問う側も、作者の色々な意図を知って自分の作品に反映してくれそうです。

それにしても、見栄えの悪い美術室です。
(繰り返しますが、私は今年授業を担当していません)
Q&A神奈川では、美術室を開放してくださって色々と勉強させてもらいました。
kanagawa_9.jpg
kanagawa_10.jpg
見通しを持って活動できる工夫や、生徒が自分で考えて選択できる工夫を見せていただきました。
発想ノートの展覧会だったのですが、それ以外の所までいっぱい参考にさせていただきました。

来場者へのプレゼントまで用意していただく心遣いに感服しました。
箱に描かれているキャラは発想ノート君でしょうかね。
kanagawa_8.jpg


posted by kazyhazy at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。