2013年12月27日

ネーミング考(6)

こうしてQ&Aという名前でスタートした研究会は短期決戦で全国を廻ることになり、1年半で10カ所を終えました。謝金の出せない研究会であっても、その趣旨に賛同し、喜んで講演していただける先生方も多く、Q&Aという名前で活動のアイデンティティが伝わるようになりました。
IMG_1446.jpg
Q&A金沢での懇親会後、次の行き先を伝えようとしたのか、繁華街の人通りも多いところで加藤君が、大きな声で「梶岡先生!」と呼んでくれたのですが・・・
山崎さんがそれを聞いて、「こんな場所で実名に”先生”をつけて大声で呼ぶなんて・・・」と、たしなめるように言ってくれたので
私は「加藤君が”梶岡先生”と呼んだときに、雑踏にいた一般の人々から、”えっ?もしかしてQ&Aの梶岡先生ですか?”と言われましたよ(笑)」という、見え見えの嘘を言っちゃいました。

二人からは、「何を夢みたいな妄想を!」 と笑われましたが
広く一般の人々に美術教育の価値を知ってもらうのが、この活動の意義ですから、妄想ではなく実現してほしいものです。


posted by kazyhazy at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。