2013年12月21日

ネーミング考(4)

ある大学の先生が、「日本の中学校ではどんな美術の授業が行われているのか」をリサーチして研究するグループを作ったとします。
グループの名称は当然、中学校美術を研究するのだから「中学校美術研究会」になります(笑)

予断を捨てて、素直に客観的に「中学校美術研究会」という言葉を咀嚼するとこうなってしまいそうです。だから、他の解釈を許さない、もっとそのものズバリの固有名詞を探そうとしたわけです。
oldtype.JPG
↑今は無きボツ原稿です。(せっかく作ってくれたのにゴメン)

「授業の質を高め、美術教育の価値を外に発信していく」という理念を、「どのように固有名詞化するか」というテーゼを頭の中のある部分に放り込んで(いつも案を考えるときはそうしてるんです)数日待ちます。
「チーン」と音は鳴りませんが、数日後に答えが返ってきます。<うそみたいでしょ?マルチタスクなんです(笑)>

はじきだされた答えが「中学校美術Q&A」でした。

中学校の美術科が直面している難問(Question)
それにどう答えていくかを探る活動を始める(Answer)
まずは授業の質が高めあえるような交流をもって(Quality)
美術教育の価値を、広く世間に知ってもらうような行動を起こす(Action)


これだけの意味を込めての「Q&A」です。

しかし、この答えを、実はそんなに気に入っていたわけではなかったのです。


posted by kazyhazy at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。