2013年12月21日

ネーミング考(2)

1月に、3人でやっていくことが決まって
フェイスブックに3人だけの会議室ができて
スカイプでしゃべりながら中学校美術ネットの骨格を固めていきました。

春には中学校美術ネットのWebページが公開され
全国の情報が共有される場がスタートしました。
いろいろなアイデアをつぎ込み(といっても年長の二人は注文するだけで)加藤君が次々とそれを実現していきました。
なかなかうまくいってる・・・なんて思っていたら、山崎先生はもっと先に進んでおられました。
「ネットだけじゃなくて、実際に全国をキャラバンする」
と言い出したのだから他の二人は驚きました。

滋賀では50人前後の参加者が集まる研究会を年2回やっています。
これもけっこう驚異的?だと思っているんですが、組織の中で事務局を中心に研究部、広報部、事業部のスタッフがかなり動いて、時間を掛けて達成できているのに、それを3人で、もっと速いペースでやるって・・・・(一瞬目が点でした。)

しかし、これだけ滋賀で企画運営を数多くこなしてきたのだから「やれんこともないか」という自分も居て、夏に山崎先生中心で北海道、梶岡中心で大阪、の開催を決めました。

名前は、中学校美術ネットがお送りする研究会だから「中学校美術研究会」

えええ?!「チョット待ったぁ」
それはあかんでぇと主張したのですが、解ってもらえず。
なんか私一人が「そんなんアカン」と駄々をこねているみたいになったのでした。

アカンと言ったからには代案を出して、
代案を出すことで何が言いたかったのかをちゃんと伝えなきゃ

・・・と言うわけで数日、考えることにしたのでした。


posted by kazyhazy at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。