2013年12月04日

Q&A秋田(5)内と外

ちょっと間隔が開いてしまって、間抜けな感じですが続けますね。
前回紹介した福島大学の天形健先生の話から美術教育の内面を真摯に捉えることの大切さについて話が向かいました。

こういう話は、これまでもこのブログで触れてきました。

デジタル思考とアナログ思考の話なんかも、生徒の内面の状態を一生懸命捉えていこうという仮説で、認知心理や発達心理の話も(シロウトなりに)扱ってきました。
だから、今回のQ&A秋田はツボだったのです。
ariga.jpg
有賀 三夏先生(東北芸術工科大学)の講話なんかも非常に興味深く拝聴させていただきました。
多重知能理論については、概略を紹介しているこんなページも見つけたので参照下さい。

9教科というカテゴリィありきで「学び」が分類されている学校教育ですが、学習者の知能の方から分類すると画像のような8種類の知能から「学び」を見直すことが出来るというものです(よね?)。

これに近いことは、かなり過去のブログ記事「教科のバイアス」シリーズで、「美術科」という教科名がもたらす誤解について書きました。シリーズの15回の文章をコピーすると・・・

公教育における各教科の一般的なイメージは、果物の詰め合わせセットみたいなもので、国語や理科などの教科を、リンゴやバナナなどのような「多数の種類の果物」として一つの容器(学校)に盛り合わせた状態だと云う。
しかし、「まず教科ありき」ではなく、生徒一人の、人間として必要な学びを提供するのが公教育の役目だとするなら、教育は一本のフランスパン(笑)のようでなければいけない。
「まず先に学びありき」で、一本のフランスパン(生徒にとって必要な学び)に包丁をいれて、9個に分割した一切れのパンが、9教科の中の一つの教科(たとえば美術など)になるのだそうだ。


ね? 結構近い線を書いてるでしょ?

上の画像のこの部分↓
mis.JPG
なんかは
図工美術の日に作ったこのポスター↓
day_of_art09.jpg
なんかと、チョット共通する部分があるような気がして、納得・・・・・・というか自分の考えを支えてもらって居るみたいで有り難かったです。

  


posted by kazyhazy at 23:27| Comment(1) | TrackBack(0) | Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前も生徒に話をしていたのですが最近多くなってきなました。「君たちは学校で何を学んでいるの」即答できる(思いついても発言にしない)生徒はいませんでした。毎時間少しずつ質問やヒントを出しているとなんとなくイメージできるようになってきているように感じます。(思い込みすぐかも知れませんが)私は電車通勤で勤務先から駅まで5分程度で時々卒業生に出会います。数分の立ち話ですが時間の経過で在学中はと前置きして「最近なんとなくですがそうなんだ思えるようになってきました。」
Posted by 江原 正 at 2013年12月05日 03:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。