2013年06月29日

Q&A in金沢 実践発表_7

生徒の思考・・・・というか人間の思考は、ものごとをアナログ的に処理したり、デジタル的に処理したりしているようです。実際に自分自身がそうだという自覚があるし、そう思って見てみると生徒の思考も同様であることが解ります。

当時(20代の頃)たまたま手に取った本にも同様に記述があり、
「やっぱり同じ事に気づく人がいるんだ」
・・・と安心したのを覚えています。
SL500.jpg
大変勉強させていただいた素晴らしい本なのでオススメですが、ベティエドワーズの論旨は、ちょっと私とは違います。
「絵を描くときのようにアナログ的に右脳を使う側面と、言語のようにデジタル処理で生活する側面がある。」というような文章であったように記憶していますが私は、
「絵を描くときにデジタル処理とアナログ処理が両方行き来していて、双方のコンビネーションが大事だ」と考えています。

「だから、絵を上手に描くためには脳をこういう風に使えばよいか」について重要なヒントが書かれたこの本は、「上手に絵を描くと言う目的の意味を分析するため」に、デジタル・アナログという手段を通過したという印象を持っています。

(本を読んでから20年ほど経っていますので誤読があったらご容赦を)

上手に絵が描けるようになることを最終目的としていない私は、生徒理解の一環として、あるいは授業分析としてデジタル・アナログを使っていました。
presen_11.JPG
つまり、教師が投げかけたものが、生徒にどう響いているかを検証する一つの手法というわけです。そして生徒の活動や反応をデジタルとアナログで解釈すると、今まで見えてなかった課題がピンポイントで見えてくるのです。

金沢での発表で紹介したかったのは、こういう主旨です。

次回から、具体例を使ってもう少し詳しく内容に触れていきますね。

 


posted by kazyhazy at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。