2013年06月16日

Q&A in金沢 実践発表_5

いちおう講話ではなくて実践発表だもんで
授業の作品も公開しました。
授業の作品を出しておいて、この授業の骨と肉を紹介することで、抽象的だった話を具体化してみました。
presen_08.JPG
この授業に関する詳細は過去記事に詳しいので、そちらをどうぞ。
ちょっとしたクイズ大会でしたね。
ここに紹介した以外の画像も沢山見せて
「さあこの作品の作者はだれ?」ってな感じでしたね。
会場の皆さん盛り上げてくれてありがとうございました。
presen_09.JPG
さてこの授業の骨と肉を紹介する画像です。
けっこうこの授業は用意周到で、ここに紹介した以外にも
■新聞から各社のマークを切り取ってスケッチブックにコレクションしていく活動
■なぜそのマークが生まれたか推理する活動
■形の良さやアイデアの良さに着目して、級友同士で学び合う鑑賞

なんかもあって、学びの骨組みの一翼を担っています。

20代の頃からやっている授業ですが、骨と肉というキーワードに叱咤されながら未だに改良を続けて居る授業の一つでもあります。

  


posted by kazyhazy at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。