2013年05月14日

中学校美術Q&A in金沢(5)

IMG_1483.jpg
例によってQ&A名物?のアクション会議があり、アンケートでも好評だったようです。
第0回Q&Aとも言うべき滋賀の研究大会がありまして、そこで生まれたのがアクション会議の原型です。そしてその時に山崎、加藤、梶岡の3人ともがその場におり、そのときの何気ない会話から中学校美術ネットとQ&Aが生まれたのはほんとうに奇跡のようなお話です。

今回のアクション会議をどう進めるかについては、直前まで悩みました。前日も考えていました。
前日・・・というのはもちろん金沢の一日目です。
司会をしながら、休憩時間には翌日のアクション会議の進行プレゼンを作っていました。懇親会が終わって(三次会まで行って)その後にホテルで夜中に三人で会議です。

「アクション会議をこのように進めようと思う」
という原案を出して、意見を聞いて微調整をして翌日に備えました。
実は2日目の昼休みも少し微調整をしてたりもして、そうしてあの形になりました。
action.JPG
いつものKJ法に加え、ワールドカフェ方式で発想を拡散させ、「アクション宣言に収斂させる」。そこを今回のゴールとする・・・というのが私の原案でした。

ネット上で公開されていますが、アクション宣言はかなり好評みたいですね!
(これも、ありがとう加藤君)



posted by kazyhazy at 22:03| Comment(0) | TrackBack(2) | 研究大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「中学校美術Q&A in 金沢」 で「Action宣言!」
Excerpt: 「中学校美術Q&A」 で行っている「Action会議」を参加者にもより有益なものにするために「Action宣言!」というものを行いました。これは「Webで公開」することを前提にしています。  実際..
Weblog: 美術と自然と教育と
Tracked: 2013-05-14 23:03

(滋賀で話させていただいたこと)「いま私たちがすべきことは何か?」〜子どもたちの未来のために〜
Excerpt: 2012年1月20日「滋賀県中学校美術教育研究大会」で以下のテーマでお話させていただきました。 (その要約を滋賀の伊庭さん、梶岡さんからいただきました。感謝です。) 「いま私たちがすべきこ..
Weblog: 美術と自然と教育と
Tracked: 2013-05-14 23:11
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。