2012年11月07日

鑑賞「東京オリンピック」(4)

私としたことが、うっかりと書き忘れていたことがあります。
まず、授業の最初にじっくりと作品を見る時間をとる!
・・・この事を書くのを忘れていました。
すぐに見えた部分に飛びつくようにしゃべり出すのではなく
1〜2分黙って作品を見る時間をつくる・・・コレが大事でしたねぇ。

IMG_0190.jpg

さて前回の投げかけで
・登場人物(ランナー)のこと
・暗い背景や、強い照明など写真自体のこと

などなど、生徒から色々なことが浮かび上がってきました。

それを使って、ここからは純粋な「対話による鑑賞」ではなく「もどき」になります。
つまり、この授業の目的に沿った恣意的な発問をすることになります。
それは・・・・・
■発問1「このポスターを作り上げるのには、どんな役割(仕事)が必要でしょうか?
・・・というものです。

ワークシートに記入欄が作ってあるので、どんどん書いては発表してくれます。
・写真を撮影する人(カメラマン)
・ロケ地を確保したり整備したりする人
・照明係
・ランナー役のモデルと、そのモデルを調達する係
・衣装(ユニホーム)や靴を用意する人
などが、どのクラスでも出てきます。

この段階で
「一枚のポスターを作るのにも沢山のスタッフが必要なんだなあ」という感想を持つ生徒もいます。
それはそれで大事な学びなんですが・・・・

この発問には続きがあります。

 


posted by kazyhazy at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。