2012年08月25日

堺市の美術部展の熱気

今日は大阪へ行ってきました。
いつものパターンで、まず加藤君が我が家に来て、そこから車で一緒に行きました。
目的は堺市の美術部展CGAT展です。
電車で行くよりも安くて早いことが解りました。
IMG_0938.jpg
会場は、作品が発するエネルギーで充満しておりました。
作品数が多いので、壁面以外にも展示の工夫があり、参考になりました。
IMG_0942.jpg
全国美術部展と同じ会場だったのですが全然雰囲気が違います。
ここは駅からのアクセスも良く出品生徒の保護者と思われる方々がたくさん見に来ておられました。
こういう良い会場が良い場所にあるというのも大事なことですね。
滋賀の美術部展をおこなっている美術館はちょっと不便なところにあるので羨ましいです。
IMG_0937.jpg
「立体作品」も同時に展示している学校が多いのにも感心しました。

それにしても、ここ数年の美術部の変化は凄いですね・・・なんて話を色々な人とします。
顧問同士が県を越えて連携するようになって、めざましく進歩しているのではないですか?
単に技術が向上しただけ、なんかではない質的な変化を感じます。

昨年の学び研滋賀で美術部のフォーラムを立ち上げたときも「部活に焦点を当てるなんて珍しいね」という印象をもたれたようで、コーディネートした私自身でさえも、まだそれほど自覚していませんでした。
交流も加速しつつあるようで、MLに続いてFBでも活発な交流が広がっています

同じ大阪と言うことで会場が天王寺にあるCGAT展にも行ってきたんですが、その記事は次回に。



posted by kazyhazy at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。