2012年08月14日

中学校美術Q&A in大阪

Q&A_osaka.jpg
中学校美術Q&A in大阪が盛会の内に終了しました。
いやあ、凄かった。参加された先生方、発表された先生方すべてに感謝です。
本当は当日、または翌日ぐらいにこの記事をアップすべきだったのでしょうがナカナカ手が回らなくて・・・。
運営側としての事後処理なんかもあってバタバタしてたのもあるんですが、感慨にふけっていたのでアップできなかったというのも大きいです。(笑)

しかし、今回は時代の変化というか、ブログ以外のツールが役割を果たしたことが大きいかも。
打ち合わせや連絡に大活躍だったfacebook。
大会終了後もfacebook上では、Q&Aの話題が飛び交い、写真が共有され、友達申請の輪が広がり、追いかけるのに精一杯の私はブログの更新どころではありませんでした(笑)
IMG_0903.jpg

このブログで、定員があることは注意していましたが、多数の皆さんにお断りをしなければいけなかったのは痛恨の極みです。申し訳なかったんですけど、あの規模の教室での開催は、ある意味正解でもあったのです。
広すぎる会場だったら拡散してしまったことが「ぎゅっ」と凝縮して、参加者一人一人に信じられないほど密度の濃い時間を提供できたと思います。
「一度に大人数を」ではなく、今後何回も開催されるQ&Aで、クオリティを下げないまま各地をキャラバン出来れば最高だなと思っているのです。(だめですかね)

中学校美術netに関しては「本家」のページがあるので、運営側としてのコメントをここに書くべきではないので私見だと思ってくださいね。

あまりにも濃い内容だったので消化しきれなかった人も多いと思います。私も思い出したように後日つらつらと書くかも知れませんが、運営ではなく一人の参加者としての感想や感動が伝えられたら・・・と思っています。



posted by kazyhazy at 02:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 研究大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当に運営、進行、有難う御座いました。
あれだけ実りある会になった要因の1つに、素晴らしい企画と進行が、あったから・・といっても過言じゃないと思います。本当にご苦労様でした。
これ位の規模で、キャラバンをしていくのに、私も賛成です。何よりの良かったのは、会が進むにつれて、ドンドン皆さんの心が「お互いの実践を讃え、そこから学び合い、さあ現場に帰って頑張ろう」という方向に絆を深めていけたのが、実感できたことです。これから第3弾と企画実行されていくと思いますが、私に出来ることがあれば、お手伝いさせてくださいね。
さあ、これからこの私の学びを、明石の学びに広げたいく為に、まずは9月の明石市美術科担当者会で発表できるように私自身のまとめから始めます。
Posted by 魚住東中学校のクワムラです。 at 2012年08月14日 09:13
多くの人から「次やるときは手伝います」って言われて感激しています。ありがとうございました。
四国・中国・九州の先生方が参加できるQ&Aをやりたいなと話し合っています。
その時には一杯手伝って欲しいです。
Posted by かじおか at 2012年08月17日 22:00
はじめまして。
日本での美術科教育の取り組みを拝見しています。
私はヨルダンのアンマンで、
パレスチナ難民局の女子校で勤務しています。

ヨルダンの美術科教育は、日本と比べると、
本当に改善の余地があり、
まだまだ学びたいことがたくさんあります。
機会があったら、中国・関西での勉強会に参加させてください。
10月帰国予定です。
実家が岡山、日本では神奈川の小学校に勤務していました。


田渕和恵
Posted by ヨルダンの和さん at 2012年09月03日 02:46
田渕先生!遠方からのメール、感激です。すでに本家サイトで告知しています通り、岡山での開催が決まりました。1月の12日〜13日です。ぜひお待ちしております。
Posted by かじおか at 2012年09月03日 08:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。