2012年04月17日

アールブリュット

art brut.JPG
美術の専門的な教育を受けてこなかった人たちが、内発的な造形衝動で作った作品と言えばよいのでしょうか。滋賀県で「新たな光」として注目されています。
ヨーロッパではすでに認知されているアウトサイダーアートとも言われている分野ですが、日本ではまだまだなのだそうです。
テレビなどでも紹介されていて知っては居たのですが、滋賀県が中心的な役割を果たしているとは知らなかった。

先日も我々(中美連滋賀)の集まりに県の職員方が来られ、推進していく姿勢を示されました。

滋賀県のNO−MAという所で作品に出会えるそうです。
写真で見ただけでも、作品が持つ力に圧倒されます。ちまたの美術の授業で生まれている、小綺麗だけど内容の空虚な作品群とどうしても比べてしまいます。
(またまた、最後にそんな非道いことを書いちゃったりして・・・)



posted by kazyhazy at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。