2012年03月30日

アンテナとフットワーク(1)

山崎先生のブログの記事に、東京からお客さんの話題が。
北海道まで会いに行った人が居るらしいですね。
yamazaki.JPG

「ああ たぶんあの人だ」
と予想がついたので、後日の会話で
「○○先生でしょ?」と聞いたら
当たった。

B-SIDEで紹介しているもので、私が登壇している研究会でも
ほとんど姿を見かけます。
もう日本中です。えええ?こんな所でもお出会いするなんて!
という感じでフットワークの軽さに敬服です。

北海道とほぼ同じ頃。
滋賀の私の中学校にもお客さんが来られました。
大阪市の美術の先生で、このブログを読んで訪ねてこられました

(北海道と同じ時期に奇妙な一致ですね)

ここのブログを読んで「自分の授業をなんとかしなきゃ」という気持ちになって、教師2年目の若い先生がとんできたというのだから、このブログをやってきた甲斐があるというモノ。
ちゃんとアンテナを張って情報を取り込むことが出来て、行動に移せるフットワークがあれば安心ですね。今はまだ経験が少なくて自信のない授業もあるかも知れません。
だから低い位置でもベクトルが上を向いているというのは、素晴らしいことだと感じました。

しかもb-side美術教育雑感を過去に遡って全文読破してから訪問するという熱心さですから、頭が下がります。





posted by kazyhazy at 02:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごいんですね。全文読破!考えたら私もいろんな先生のところに学びに行きました。勉強になりますもんね。
Posted by 山崎正明 at 2012年03月30日 05:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。