2012年02月12日

美術教育を支えるNetの威力

今日はネットの力に感心させられる一日でした。
まずは昨日から開催されていた実戦美術教育学会です。

直前まで実際に会場に足を運ぼうかと考えていたのですが
都合が合わずに行けなかったのですが、貴重な話を聞くことが出来ました。
ust.jpg
ストリーム配信されていたので、自宅にいながら
まるで会場の席に座っているような感覚でした。

本会場だったらできなかったと思いますが
自宅なので煙草を吸いながら視聴することも可能なので
「こりゃヤバいな」
という感じです。(足を運ばないグータラになりそうで)

配信終了後に約束していた会議で、またもやテクノロジーの驚異です。
(おおげさかな?)
skype.jpg
自宅に居ながら三重、滋賀、北海道の三者で会議をしました。
今度はSKYPEというやつです。

これがもうメッチャ快適で
出会って話し合っているような錯覚になります。
電話にような2者ではない所も良くて
文殊の知恵じゃないですが
会話が広がるだけではなく整理されたりもするところがいいです。

APPLEのCMみたいでしょ。


posted by kazyhazy at 21:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつの間に!スクリーンショットを!
メールやチャットではやり取りに限界がありますが、顔が見れるというだけでかなりその壁を越えられますね。
もちろん実際に会って話すことには及びませんが、時間や場所に依存しないというのが「こりゃヤバい」ですね!
Posted by 加藤浩司 at 2012年02月12日 23:24
顔が見ながら会話できる安心感、これ大きいですよね。あー、楽しかったです。
実践美術教育学会のUST+Twitterこれも道をひらいてくれた!
Posted by 山崎正明 at 2012年02月13日 06:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。