2011年12月26日

東京の翌日は京都へ

教育サークル未来の扉の代表の長瀬拓也くんの司会で始まったのは
教師のための・・・・特に若い教師のための学級作りの研修会。

高齢者は私と・・・・大橋功先生ぐらいでしょうか(笑)
kenshu.jpg
みんな若いなあ・・・と思っていたら、若い教師どころか大学の三回生が多かったみたい。
道理で若いはずだ。
「自分が若い頃はこんなの無かったな〜」
・・・と考えつつ
「ネットも無かったから、こんなんがあっても応募どころか募集する方も無理だったかも」
・・・などとさらに考えつつ、若い頃にこんなのがあっても
「自分も行かなきゃ!」
と考えたかな〜と自分の不真面目さも振り返りながら参加してました。

最近の若い人は情報に敏感で、なにより熱心です。
さっそく若い人のネットワークが生まれつつあるようで心強いです。

若い人向け・・・・と言いながら、メッチャ勉強になる部分もあり大満足です。
さっそく3学期に使ってやろうと思えるネタも山盛りです。

長瀬君からは有名な「授業作りネットワーク」の集まりなど
精力的な活動へ何度か誘っていただいていたので、やっと今回参加できました。

日帰りの東京の翌日に京都。
年寄りにはなかなかツライ日程でしたが(笑)


posted by kazyhazy at 23:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご参加ありがとうございました。
一回、このサークルで、美術教育専門でやってみたいなと思っています。またよろしくお願いします。
Posted by ながたく at 2011年12月31日 03:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。