2011年11月09日

月曜美術館は「当たり」でした

monday.jpg
以前にも紹介した「月曜美術館」は読んでみて大当たりでした。
もうワクワクして読ませていただきました。

まるで学び研滋賀で
アートクラブグランプリ立ち上げの黎明期を泉谷先生が語っていたとき
・・・のように、何も無いところから価値あるものが生み出されていく様子というのは、凄いパワーと読み応えがあります。

それに、知り合いが登場するのも良かったのかも知れません。

筆者が・・・・
新関先生(滋賀大学)の資料を参考に鑑賞教育の現状と課題を探り
上野先生(帝京大学)の本を読んで鑑賞会の進行を学び
奥村先生(聖徳大学)のアドバイスを受けて改善を図っている、というようなシーンが登場するたびに読んでいて
「おおっ」と声が出てしまいました。


posted by kazyhazy at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。