2011年09月07日

授業改善推進のために思うこと(3)

さて、前回書きかけた続きです。
図工美術に携わる者が今どういう現状になっているのかを「想定」するのに、展覧会の審査の場で考えられることを挙げてみたいと思います。
sinsa5.jpg

作品の審査会なんかに行かせてもらうと、色々な学校の色々な取り組みが見れます。
そのような場で、
「私は、授業でこんな作品を生徒に作らせました」的な作品に出会うことは多いです。

前々回の記事ならば「そんなんではダメだろう」という事になります。

それでもたいていの審査の場ではOKになっちゃいます。
審査員の質が悪いから?いえいえ、そうではありません。

それ以下の作品が余りに多いからです。

前者の場合は教師主導かも知れないけど、熱意は伝わるし学習目標も予想できる。
指導が入ることによって生徒も何らかの力を付けている。
生徒の奔放な喜びや内発的な表現衝動は感じられないかも知れないが少なくとも生徒の「悲しみ」や「あきらめ」が感じられる作品ではないということです。

つまり「それ以下の作品」(という言い方は不適切ですが)というのは、
何のためにその授業をしているのかわからない放任的な作品であったり
学びや指導が感じられなくて、その授業を受けている生徒の気持ちに立てば悲しくなってくるような作品で、これならもう「たとえS式とかK式の描画指導法であっても、そっちの方がマシやん」と思えるような場合です。

( 今日も性格が悪いぞ>自分 )

もちろん展覧会を批判したいわけではありません。
現状の図工美術教育界をどんな風に「想定するか」の材料です。

■研究会では「こんな作品を生徒に作らせました」的な、「教師の作品を生徒にやらせているような授業ではダメだろう」という視点が少しずつですが理解されるようになってきた・・・という現状。

■熱心さの裏返しとして好意的に受け止められる作品もあるが、それでも教師主導の実践や作品主義が無くなったわけではないのが残念ではある・・・という現状。

■もはや授業ですらないのかも、という作品が意外なほど多い・・・という現状。

子どもの作品からこの3段階が見えてきた、というのが私の私見です。
現状の図工美術教育界をこんな風に想定しているというわけです。

次回はまた別の切り口で見渡してみたいと思います。


posted by kazyhazy at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 切り口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。