2011年09月01日

日本美術教育学会(京都大会)の様子(2)

2日目の様子も写真で紹介。
午前中に研究発表の続きがあったのですが、
それに関しては前回紹介した会場で行われまして

午後からは基調提案とそれに伴うパネルディスカッションでした。
2011gakkai_04.jpg
パネラー席の左から二人目に私が座っております。

今回の学会で良かったなと思うことのひとつに、
「学会員ではない若い先生が沢山来ていた」ということがあります。
学び研での勢いを借りたかのように、同じようなメンバーが各地の研究会に足を運び
「またここでも会いましたね」
という感じだったのです。

学び研滋賀で、ある先生が私に、
私も日本美術教育学会京都大会に参加します」と言いたかったのだと思いますが
長い名称がめんどくさかったのか
「私も、梶岡さんの学会に行くことにしました。」(爆)なんてコトを言ってました。

オレの学会じゃねぇし(はりせんぼん風に)

パネラーとして出ることは知られているし、案内状の1ページ目にも名前が出てるので
身内では、ついついそう言う表現で通じてしまうのでしょうね(笑)
2011gakkai_05.jpg
左手に注目!(笑)
一体何を説明するのにあんな手の形になるのか、本人にもわかりません。

このパネルディスカッションは、大変刺激的で勉強になったわけですが、
ご覧になった先生方が聞いた話は言わば氷山の一角
事前に何度もメンバーで話し合う機会を得たことが貴重でした。

では半年前の記事からご覧ください。

★まだ一週間なのに、もう次の動きが(2月)
★学会パネラー打ち合わせ(5月)
★「もどき」の影響?(学会打ち合わせ)(7月)


posted by kazyhazy at 22:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
FB,にも左手に注目!と書かれていたので、じぃぃぃとみてしまいました。Ipadでもいじっているのか???と。あー,レッジョの内容TBしますね。たぶん見つかると思っていましたが、朝っぱらヒヤヒヤしつつ書き込み読みました。Ipadから書き込みすると、TBするの面倒なのです。
Posted by hakusuke at 2011年09月02日 19:52
あの左手、なんか筋が浮き上がって「力が入っている!」という感じがするでしょ?
Posted by kajioka at 2011年09月05日 14:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。