2011年07月29日

学び研(滋賀)準備情報(5)

日本中の主だった美術教育関係者が北海道へ集結していたというのに、残念ながら私は集結できませんでした。
2月に秋田へ行って、8月には滋賀と京都で大きな大会に関わるのですから
まあ、お許しくだされ。というか先立つものもなく、悔しい思いをしておりました(笑)

さて、学び研滋賀ですが・・・いまだに申し込みメールが入っていますねえ。
えええええええ?奄美大島から!!!!

ありがたいことです。

さてさて今日はフォーラム4についての情報です。
「子どもの絵から見つかる輪」と題したフォーラムなんですが、今まで準備をする中で変更になっている所もあるので、ここでの記事が最新の情報になります。

まずは、(1)奥村高明先生から絵の見方に関する講話をいただきます。奥村先生の話は、何回聞いても良いので今回も楽しみです。

(2)そして参加者の中から幼小中の先生方を10名ほど、パネラーとして前に来ていただきます。すでに参加申し込みをしていただいている方々の中から承諾をいただいているので、まもなくメンバーも決定できると思います。
auditorium.jpg
(3)まずは幼稚園の作品を投影する中で、大橋功先生主導による対話の時間です。指導された先生を中心にパネラーメンバーと大橋先生とのやりとりを見せてもらうことになります。

(4)同様の方法で、小学校の作品では奥村高明先生と、中学校の作品では人見和宏先生と、指導された先生やパネラーメンバーと対話を重ねる事によって、きっと初めて見えてくるものがあると思います。

中美連滋賀が主催しているので、どうしても「中学校寄り」になりがちだった内容ですが、この日は県内の幼稚園の先生方も多数参加いただける、非常に吸引力の高い内容になっております。

まだまだ、どこの研究会でも作品や授業のあり方に視点が行ってしまって、「子ども」や「学び」を中心に語られることが少ないのなら、このフォーラム4で「目から鱗」を落としていっていただきたい!
・・・・な〜んて言う宣伝文句でどうですか。


posted by kazyhazy at 00:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 研究大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も北海道には出向いていませんでした。只今遠征中。明日は濁流・大雨集中地域?に向い北上していきます。あんまり日焼けしませんでしたよ。先生の勤務工の生徒と、わが部員も対戦しておりました。

そうそう、何か準備していくものありますか?ありましたら、Gmailでもよいし、ブログにでもコメントお願いします。宮城で短期間で用意できることならば、お手伝いします(^v^)
Posted by hakusuke at 2011年07月30日 19:44
たしか岐阜まで来てるんじゃなかったっけ?facebookでそんなことを書いてなかった?準備物は(宴会芸の準備以外)何もいりません(笑)
当日、顔を見たら「あれを手伝って!これやって」とコキ使うかも知れませんけど。
Posted by かじおか at 2011年07月31日 01:57
そう,すっとばしてすっとばして,増水している川を越え,31日内(後数分で8月になっていたかも)に無事宮城に戻りました。決勝戦にて,先生の勤務地の保護者の方とお話ししました(^v^)v「数日後美行くんですよ。気温は・・・んー岐阜より暑いのねー。ははは。」と。ただ今我が部屋の気温20度。10度の気温差は寒いです。
あー体バキバキ(><)
Posted by hakusuke at 2011年08月01日 07:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。