2011年07月10日

「もどき」の影響?(学会打ち合わせ)

<色:#006600>祇園祭りにちなんで、京都駅もそれっぽい雰囲気になってきました。

今日は<色:#ff6600>日本美術教育学会の打ち合わせ。
以前にもお知らせしたとおり、京都の画家邸に大谷大学の細谷先生をはじめとする6人が、長時間にわたって美術教育を語り合う至福の時です。

その中で、深刻な「もどきの授業」についても話題に上がりました。
(もどきに関してはコチラ
実際は「もどき」という言葉が使われたわけではなく、勝手に私が
<色:#990000>「これは『もどき』のことだな」
・・・と納得しているだけなのですが。

とある大学で、とある学生達は・・・・・
過去に小中学校で(たぶん)図工美術もどきの授業を受けてきたのか
図工美術を誤解していたり、作る楽しさを知らされずにきまきました。
だから、彼らは
「図工って、先生がつくり方を教えて、その通りつくらせるものと思っていました。」
「え?導入って、つくり方の説明のことじゃないんですか?」
「評価って出来上がった作品に点数をつけることではないんですか!?」


・・・・なんてことを言うそうです。

良心的な大学や、よく分かってらっしゃる大学では彼らを何週もかけて
大学の授業の中で変えていっていただいているようなのですが、

<色:#ff6600>教育実習に行って、(もどきの授業に)また汚染されて帰ってくる
のだそうです。
(普通は逆を想像してしまいますけどね。大学では絵空事を習って、現場で子どもと出会ってやっと真理を知る・・・みたいな)

正しく伝える人が少なすぎて、マイナスオーラが俄然強力なのだそうです。

うんうんわかるなあ。
もどきの授業の<色:#ff6600>繁殖力の強さについてはここを参照

今日はチョット辛口でしたかね。
まあ、B−sideって、もともとこういうブログでしたからね。


posted by kazyhazy at 01:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この学会,参加したい内容でした。大会と重なり×。報告おまちしております。ブログ★また応援しています。
Posted by hakusuke at 2011年07月13日 22:17
新ブログへのコメント第1号!おめでとうございます。・・・・というか「ありがとうございます」
Posted by かじおか at 2011年07月13日 22:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。