2011年06月07日

授業を組む時の考え方(9)

感覚的に色を選ぶ」から「少し考えて色を選ぶ」というところまで進んだ学習ですが、次に取り組むのはこんな課題です。
2011design6.jpg
見ての通りグラデーションです。

そのまんまグラデーションだけやんか」・・・・・・・とか
一直線で味も素っ気もないやんか」・・・・・・というような声が聞こえてきそうです。
はっはっは、しかも全員が同じサイズ、同じカタチです。

活動の手順や「学び」に関しては次回に譲るとして、
なぜひたすら直線的なグラデーションだけなのかというと、
これで充分だから」です。

これでも充分以上に手応えがあるし
仕上がってくると色自体の美しさに感嘆の声を上げます。

前回習った類似色の応用で、次にどんな色が来るのか、どの程度混色すればよいのかを調子を見ながら真剣に吟味しています。

「これで充分です」ではなく「これ以上はやっちゃだめ」と言う方が正確かも。グラデーションを使って別のそれらしい作品作りに結びつけようとすると、生徒の気持ちがそちらの方にブレて、今ほど集中した吟味は無くなるかも知れません。

そうなっちゃったらもう「もどきの授業」ですな。



posted by kazyhazy at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。